目次

[1]第2ブロックB、第22ブロックAが激戦区
[2]都立大島の荒田、成城学園のマイロ 注目の初戦

 東京の高校野球シーズンの始まりを告げる、春季都大会の1次予選の組み合わせが決まった。秋季都大会に出場した64チームは既に本大会出場が決まっているとはいえ、秋の1次予選では強豪同士の対戦や、波乱もあったため、日大鶴ヶ丘東海大高輪台明大中野八王子など、実績のある強豪校が、1次予選から登場する。

第2ブロックB、第22ブロックAが激戦区


 甲子園出場経験もある伝統校の日大二日大豊山が、同じブロックに入った第2ブロックBは、厳しいブロックだ。日大二折笠 利矩日大豊山は横手投げの瀬崎 絢という両投手の出来がカギとなりそうだ。

 聖パウロ学園城西大城西駿台学園の入った、第22ブロックAも激戦区だ。3校とも秋は代表決定戦で、後半に失点して敗れているだけに、ひと冬越して、どう成長したか注目される。

 都立城東などの監督を務めた平岩了が監督に就任してから力をつけている都立豊多摩上野学園が初戦で対戦する第4ブロックB、実績のある日本学園東京、さらには、秋は日大三を破った目白研心と接戦を演じた都立大泉が同じブロックに入った第11ブロックB、立教池袋朋優学院が同じブロックに入った第19ブロックBなども注目される。

 第18ブロックAでは、堀越がリードしていることは間違いないが、都立日比谷多摩大聖ヶ丘も油断ができない相手だ。

本大会に弾みをつけたい工学院大附・渡邊、都日野・山崎



注目の渡邊充(工学院大附) 山崎主真(都立日野)

 選手で注目されるのが、まず渡邊 充工学院大附)だ。身長187センチ、90キロの堂々たる体格から力のある球を投げ、去年の春から評判になっていた。1次予選では、工学院大附が頭一つリードしているが、大成都立武蔵野北の勝者も、簡単な相手ではない。さらに本大会に進んだ場合、1回戦で佼成学園、勝てば2回戦で早稲田実業と、強豪との対戦が続くため、1次予選で弾みをつけたところだ。

 それは、都立日野も同じこと。内野手の山崎 主真は、都立校でただ1人、年末に行われた東京代表のキューバ遠征のメンバーに選ばれた。潜在能力の高さは、東京代表の前田三夫監督(帝京)らからも、高く評価された。

 都立日野は1次予選での優位は動かないが、本大会に進めば、1回戦は八王子、勝てば次は東海大菅生という厳しい戦いになる。1次予選で公式戦を経験したことが、本大会でもプラスになる戦いが求められる。

 秋は1次予選の代表決定戦で、帝京を土俵際まで追い詰めながらサヨナラ負けした都立昭和も、今回は一歩リードした存在であるが、本大会では初戦の立志舎戦に勝てば、次は秋優勝の国士舘だけに、1次予選を戦いながら、戦力を引き上げていきたいところだ。