第800回 今年の京都は混戦模様!今後伸びるのはどのチーム? 2018年秋季京都大会を総括!2018年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]福知山成美のエース・小橋翔大が2試合連続完封
[2]好選手揃いの京都外大西と期待大の乙訓
[3]立命館宇治が龍谷大平安に健闘も敗れる

福知山成美のエース・小橋翔大が2試合連続完封



2試合連続完封などの働きを見せた小橋翔大(福知山成美)

 甲子園に出場した龍谷大平安乙訓が3年生主体だった一方で立命館宇治福知山成美京都国際京都翔英など多くの有力校が2年生主体だった今年の京都。混戦が予想された秋の京都大会は福知山成美の優勝で幕を閉じた。

 優勝した福知山成美はエースの小橋 翔大(2年)が2試合連続完封を飾るなど獅子奮迅の働きを見せた。打線も試合を経るごとに繋がりを増し、決勝戦では小橋を温存して勝利するなど大会を通じてチーム力が高まった印象を受ける。

 夏4強の京都国際は準優勝で初の近畿大会出場を決めた。夏からの主力が多く残っており、着々と実力をつけてきた印象だ。生駒拓也(2年)、酒井海央(2年)による左右の投手二枚看板に攻守にレベルの高い1番遊撃手の上野響平(2年)の存在と昨年の乙訓とチーム構成はかなり似ている。甲子園初出場もそう遠くはないだろう。

 夏の大会を制した龍谷大平安は苦しみながらも3位通過で近畿大会への出場権を手にした。前チームに比べて戦力的には厳しいという見方だったが、2次戦で2回戦の立命館宇治戦、準々決勝の乙訓戦と苦しみながらも接戦を制した。成長途上ながら粘り強いチームで今後の伸びしろに期待だ。

【次のページ】 好選手揃いの京都外大西と期待大の乙訓

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第778回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第825回 これも必要な過程!平安のスター候補生・奥村真大(龍谷大平安)が味わった苦い経験 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第775回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第3回 龍谷大平安高等学校(京都・近畿地区代表)「接戦を粘り強くものにして近畿の頂点に」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第771回 ほっともっとで飛躍した逸材たち【近畿大会展望】【大会展望・総括コラム】
履正社vs福知山成美【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs市立和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
第670回 島田 直哉(龍谷大平安)甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意 【2018年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第549回 岡田 悠希(龍谷大平安)「京都のホームランアーチスト!覚醒のカギは『頭脳と肉体の同化』」 【2017年インタビュー】
小橋 翔大(福知山成美) 【選手名鑑】
乙訓 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム