目次

[1]日大高vs大師は1回戦屈指の好カード 勝者は慶応義塾と対戦!
[2]東海大相模、桐光学園は盤石な戦いを見せたい
[3]市立橘、横浜商大高、白山のブロックは実力が拮抗 どこが勝ち進んでもおかしくない

 北神奈川は、有力校が散らばった南神奈川と比べると、実力校同士の潰しあいがあり、序盤からあっと驚く波乱が起こりそうだ。

日大高vs大師は1回戦屈指の好カード 勝者は慶応義塾と対戦!


 北神奈川で最も怖いノーシードとみられていた日大高。いきなり実力校・大師と当たる組み合わせとなった。日大高は右腕・北野秀造、左腕・中島悠貴の2枚看板で勝負する。対する大師はエース・寒河江 翔を中心に守り勝つチーム。この勝者が選抜出場の慶應義塾と対戦する。慶應義塾は、エース・生井 惇己がカギ。打線は宮尾 将など好打者が多いチームだが、厳しい初戦をどう戦うか。どちらが勝ち進んでも2回戦とは思えないハイレベルな熱戦が期待できそうだ。

 打線が活発な法政二海老名城山の勝者と対戦。海老名は速球派右腕・落合 真広城山も本格派右腕・富樫克弥と好投手を擁し、投手戦が期待できそうだ。

 同じブロックでは桐蔭学園も登場。県大会初戦で敗退を喫した桐蔭学園は夏までしっかりと戦力を立て直すことはできるか。左腕・瀧口晋作、長打力のある栗林泰三など能力のある選手は多いだけに、夏は「さすが、TOIN!」と思わせる野球を見せてほしい。

 また春の県大会で日大高を破った相模原総合も同ブロックで、このブロックはなかなか熾烈だ。