第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!2018年06月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]日大高vs大師は1回戦屈指の好カード 勝者は慶応義塾と対戦!
[2]東海大相模、桐光学園は盤石な戦いを見せたい
[3]市立橘、横浜商大高、白山のブロックは実力が拮抗 どこが勝ち進んでもおかしくない

 北神奈川は、有力校が散らばった南神奈川と比べると、実力校同士の潰しあいがあり、序盤からあっと驚く波乱が起こりそうだ。

日大高vs大師は1回戦屈指の好カード 勝者は慶応義塾と対戦!



生井 惇己(慶応義塾)

 北神奈川で最も怖いノーシードとみられていた日大高。いきなり実力校・大師と当たる組み合わせとなった。日大高は右腕・北野秀造、左腕・中島悠貴の2枚看板で勝負する。対する大師はエース・寒河江翔を中心に守り勝つチーム。この勝者が選抜出場の慶應義塾と対戦する。慶應義塾は、エース・生井 惇己がカギ。打線は宮尾 将など好打者が多いチームだが、厳しい初戦をどう戦うか。どちらが勝ち進んでも2回戦とは思えないハイレベルな熱戦が期待できそうだ。

 打線が活発な法政二海老名城山の勝者と対戦。海老名は速球派右腕・落合 真広城山も本格派右腕・富樫克弥と好投手を擁し、投手戦が期待できそうだ。

 同じブロックでは桐蔭学園も登場。県大会初戦で敗退を喫した桐蔭学園は夏までしっかりと戦力を立て直すことはできるか。左腕・瀧口晋作、長打力のある栗林泰三など能力のある選手は多いだけに、夏は「さすが、TOIN!」と思わせる野球を見せてほしい。

 また春の県大会で日大高を破った相模原総合も同ブロックで、このブロックはなかなか熾烈だ。

【次のページ】 東海大相模、桐光学園は盤石な戦いを見せたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
愛工大名電vs白山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第22回 白山高等学校(三重)【初出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第751回 日本一の下克上が起こった三重の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第743回 【1日目見所】星稜が開幕戦に登場!中央学院vs済美、中越vs慶應はともに接戦を期待【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs桐光学園【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
麻溝台 【高校別データ】
厚木西 【高校別データ】
厚木東 【高校別データ】
綾瀬 【高校別データ】
伊勢原 【高校別データ】
海老名 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
上鶴間 【高校別データ】
上溝南 【高校別データ】
川崎北 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
大師 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム