秋、春、NHK杯の優勝、準優勝がすべて異なる今年の長崎県。戦力差がほとんどなく、1回戦から息抜けない試合が続く。そんな長崎大会の見どころについて紹介をしていきたい。

飯田大翔(長崎海星)

 秋優勝、NHKベスト8の長崎日大は、開幕戦で戦う長崎工佐世保北の勝者と対戦。長崎日大は投打ともに実力十分。179センチの長身から振り下ろす直球が持ち味の前比嘉 滉平が軸となる。俊足巧打の大塚 由智と投打で好選手が揃うチームだ。だが、初戦で戦う可能性がある長崎工は怖い存在だ。春のベスト4まで勝ち進んだ長崎工は、気持ちがこもったピッチングを見せる山崎 愁、長打力ある小出 龍ニなど個々の能力は高い。それだけに浮上が狙えるチームとなっている。同ブロックに春8強の壱岐長崎南も登場する。

 そして同ブロックのシード・九州文化学園は好右腕・中野 昇冴を擁し、さらに打線も強力。初戦は島原工と対戦。同じく同ブロックのシード・大村は松浦と対戦する。

 春準優勝の佐世保実は、投打の柱である前田 瑞生が投打の中心。打線のレベルは高く、十分に頂点を狙えるチーム。初戦の相手は海星鎮西学院の勝者と、初戦からハードなゲーム展開が予想される。海星は、潜在能力抜群の大型右腕・飯田 大翔が最後の夏で飛躍を誓う。

昨夏準優勝、春ベスト8の大村工は伝統の強打は健在。プロ注目の大型遊撃手・森 伊吹は評判通りの打撃を見せることができるのか。そして、投手陣を整備して、頂点を狙う。ノーシードで怖いのは清峰だろう。長身右腕・豊村 直大は140キロを投げ込む。シード校を脅かす存在となりそうだ。

 春の県大会で優勝した鹿町工。突出とした能力を持った選手はいないが、それでもまとまった時の爆発力が怖い。初戦の相手は、秋ベスト8の長崎総科大附口加の勝者と対戦。長崎総科大附は本格派右腕・東山 輝星、スラッガー・仲田 純、強打の内野手・峯 晃哉と個々の能力は高い。組織力を重視してチーム作りを進めてきた長崎総科大附が夏に浮上するか、注目だ。

 シードの波佐見は、春8強、NHK8強と調子を上げてきた。今年の3年生は第31回全日本少年軟式野球大会で優勝した波佐見中の経験者が主力選手となっており、140キロ近い速球を投げ込む村川 竜也、打たせて取る投球が長けた隅田 知一郎、俊足巧打の遊撃手・村川 大介など多数の好選手が揃うチームだ。

 そしてNHK杯優勝の創成館は、本格派右腕・塚原 健斗など能力が高い投手が揃い、得点能力も高く、チームも上り調子。この勢いを持続すれば、頂点を狙えるだろう。

 本日から開幕する長崎大会。この激戦を制するのは?開幕戦から春4強の長崎工が登場する。

(文・構成:河嶋 宗一