第435回 勝負のポイントは3つ!早稲田実業vs日大三!!本日の東京都決勝戦の見どころはどこ?2016年11月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 本日3日、ついに秋季東京都高等学校野球大会は決勝戦を迎える。注目の清宮 幸太郎擁する早稲田実業、そして日大三の対決は、全国の高校野球ファンから大きな注目を集めている。今日は、この一戦に加えて、近畿大会準決勝2試合も高校野球ドットコムで速報していきます!!

【3日の速報カード】
(各試合のリンク先で試合開始後、速報が始まります)
10:00開始  大阪桐蔭vs神戸国際大付
12:30開始  履正社vs滋賀学園
14:00開始  早稲田実業vs日大三

 ここで、早稲田実業vs日大三の決勝戦カードの見どころをポイントを一気に紹介していきたい。
【ポイント1・日大三は都大会5試合で8本塁打の超強力打線!】
 今回の決勝戦。清宮 幸太郎擁する早稲田実業が、超強力打線の日大三に挑戦する構図となるだろう。
日大三は東京都大会5試合で8本塁打。決勝戦で猛打が爆発すればチームの大会通算二桁本塁打を達してもおかしくない勢いだ。今年は全国的に強打のチームが多いが、日大三の長打力も、もちろん全国トップクラスだ。

 では、日大三の打線の中心にはどんな選手がいるのか?トップバッターの井上 大成はここまで3本塁打を放っている。井上は打撃技術が高く、ツボに入ったらどこまでも飛ばせる選手で、髙山 俊(阪神)を彷彿させる強打者。一番警戒しなければならない。また、主軸であり、主力投手でもある櫻井 周斗は本塁打も量産できる左の強打者。さらに、都立東大和南戦で豪快な本塁打を放った比留間 海斗。193センチ101キロの大型スラッガー・金成 麗生、中学時代、U-15代表を経験している強打の捕手・津原 瑠斗。控えに座っている溝口 耕平も185センチ91キロのスラッガー。つまりどこからでも本塁打を打てる選手が揃っているのである。

【投手陣は140キロ台の速球と縦スライダーで三振を量産する櫻井に要注意!!】
 一方、投手陣も強力で、背番号8を付けた櫻井はこのままいけば、関東地区を代表する速球派左腕になってもおかしくない逸材。1回戦駒大高で13奪三振、無失点の快投。その後、櫻井は準決勝では強打の都立日野に対しても、7回10奪三振の快投を披露した。140キロ台の速球に加え、縦割れするスライダーはまさに脅威で、早稲田実業打線も苦労するに違いない。またリリーフの田口 仁平も威力ある速球とスライダーが武器で、岡部 仁も速球とスライダーのコンビネーションがウリの右投手だ。しかし、決勝の相手は、早稲田実業だ。大観衆が見守る中でプレーするのは大きな重圧がかかるはず。そこに負けない精神力が日大三の選手たちに試される一戦ともなりそうだ。

【清宮幸太郎は平常心で打席に立てるのか??】
 ここまで早稲田実業関東一国士舘といった強豪を破ってきたが、最後の最後に、最も強い相手と対戦することになる。
 早稲田実業は、はたしてどう戦えばいいのか?結論としては、打ち勝つしかない。そのためには、ここまで3試合続けて本塁打なしの清宮 幸太郎が自分の打撃を取り戻すことができるかがカギとなる。清宮はボールを捉える技術、甘い球を逃さない能力はピカイチで、ライナー性の打球をバックスクリーンに打ち込むパワーがある。しかし打ち取られる打席を見ると高めのボール球など不用意なボール球に手を出してしまうケースが多い。これは技術的なものではなく、心理的な問題である。日大三バッテリーからすれば、清宮を迷わせる配球をさせたいところで、清宮はその誘いに乗らず、ひたすら自分の球を待つことが大事になる。

 清宮が不発の中でも勝てたのは前後の打者が当たっていることが大きい。巧打の外野手・福本 翔国士舘戦で本塁打を放った1年生スラッガー・野村 大樹や、5番を打つ小西 優喜、6番で1年生捕手で攻守で伸び盛りの雪山 幹太、打ちだしたら止まらない巧打の二塁手・7番橘内 俊治、などが好調。簡単に流れを切らさない攻撃ができたことが決勝進出の要因だ。日大三投手陣を攻略するのは容易なことではないが、ここを打ち崩すことができれば、全国でも戦える手ごたえはつかめるはずだ。

 投手陣は1年生右腕・中川 広渡、エース・服部 雅生が力投を見せてきたが、彼らが自分たちのピッチングに専念するには序盤でどれだけリードを奪えるかがポイントになる。

 はたして、秋の東京を制するのはどちらのチームか?高校野球ドットコムでは、試合経過をすべて速報します!
【早稲田実業vs日大三の速報ページ】

 

注目記事
早稲田実業vs日大三の近年の直接対決を振り返る!意外にも5勝4敗?!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs八戸学院光星【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第11回 日本大学第三高等学校(西東京)【5年ぶり17回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム