目次

[1]文星芸大附・作新学院ブロックは甲子園出場経験のある学校が集結
[2]3強の中でもポテンシャルが高い青藍泰斗はいかに駆け引きができるようになるか?

 第98回栃木大会の組み合わせが決まった。ポテンシャルの高い選手が多数揃う栃木県は、今年も激戦の組み合わせとなっている。現時点では6年連続出場を目指す作新学院優勝の文星芸大附、準優勝の青藍泰斗の3強がリードしているが、他にはどんな有力校があるのだろうか。

■組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう
第98回栃木大会組み合わせ表

文星芸大附・作新学院ブロックは甲子園出場経験のある学校が集結

佐藤 良亮(文星芸大附)

 文星芸大附は、技巧派左腕・佐藤 良亮、130キロ中盤のストレートとキレのある変化球を投げ込む海老原 丞の両投手の出来がカギ。また強肩強打の捕手・小野 貴照を中心とした打線は強力。そんな文星芸大附石橋と対戦する。そして隣の山には、なんと作新学院がいる。両校の対戦が実現するには準々決勝まで勝ち進まなければならない。

 作新学院は夏へ向けて必ず仕上げるチームであり、2011年から続く6年連続の夏の甲子園出場も、十分期待できる戦力が揃っている。まず投手陣では186センチの長身から角度ある直球を投げ込む入江 大生、最速148キロ右腕・今井 達也の2枚看板で形成。パンチ力のある小林 虎太郎山本 拳輝など長打力ある選手が揃う。は準々決勝で敗れたとはいえ、他校は警戒しているに違いない。同ブロックには投打の柱・早川 賢汰がチームを引っ張る幸福の科学学園、また伝統校・大田原も揃うブロックとなっている。

 シード校の矢板中央はダイナミックなフォームで直球と落差のある縦の変化球で勝負する鈴木 悠介や、超俊足の江尻 洋輔など今年も能力が高い選手が揃う。 また同ブロックには佐野日大がいる。佐野日大は、本格派右腕・永沢 楽、速球派左腕・中山 貴史など、投手としての素材の高さは県内でも上位レベルだが、なかなか能力を発揮しきれていないのが現状だ。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。