7月になりました。
選手権大会予選が始まっている地区やそろそろ始まる地区も多いのではないでしょうか。最高のコンディションで迎えられるよう、また最高のパフォーマンスができるよう祈っています。

 今月のテーマは「夏野菜」
いいところがたくさんある「夏野菜」たくさん食べていますか?

目次

[1] 夏の食事で気をつけること
[2] 「夏野菜」オススメは?

夏の食事で気をつけること

▲夏野菜でビタミン・水分・ミネラルを補給

 暑~い夏。どうしても食欲がわかないという人もいるでしょう。でも、そこで食べないのはもちろんダメ。普通に生活していても体力の消耗が激しい季節です。野球をやっているみなさんならなおのこと。しっかり食べる必要があります。

 と言っても、そうめんや冷奴など食べやすいものばかりを食べていると、栄養も不足し夏バテの原因にもなりますから何でも食べればいいというわけではありません。消耗しやすいエネルギー源を中心に、汗で失われるミネラル水分などを補給していきましょう。

「夏野菜」でビタミン補給
エネルギー源の炭水化物を摂取したときに、あわせて必要になるのがビタミンB1でしたね。また、免疫力を高めるビタミンCや抗酸化作用があるビタミンAやビタミンEも摂取したいですね。

「夏野菜」で水分補給
夏は、汗をたくさんかきますね。「水分補給」というと、飲料からというイメージが強いかもしれません。しかし、一般の人でも体に入る水分の4割程度は食事で補っています。侮ることなく、食事からもしっかり水分補給をしていきましょう。

「夏野菜」でミネラル補給
汗は水分だけではなくカリウムやナトリウム、カルシウムなどのミネラルも一緒に排出されます。ミネラルは、体の様々なバランスを調整したり、筋肉の収縮に関係したりと微量ながらも重要な働きがありました。水分だけでなくあわせてしっかり摂りたいですね。

このページのトップへ