印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 動画で解説!安福一貴の走塁術 【前編】2014年12月22日

【目次】
[1]塁間マネジメントについて/盗塁の構え
[2]力の伝わるスタート/ランニングとスライディング

 片岡 治大選手(当時西武)2011年インタビュー2012年インタビューを3年連続の盗塁王へと導くなど、過去に多くのプロ野球選手に走塁を指導してきた高校野球ドットコムの連載コラム『塁間マネジメント』でお馴染みの安福トレーナーが、今回新たに走塁について徹底解説します。

塁間マネジメントについて

今回は、『塁間マネジメント』を紹介していきます!

 まずは、スタート、加速、スライディングの3つの要素に分割して考えましょう。これは、各セクション毎のトレーニングを行う陸上競技と同じ考えです。
まず、盗塁を確率で考えます。「スタート」「加速」「スライディング」の3つの要素の内、1 つの要素が成功したら33%の確率で盗塁が成功。2つなら66%の確率。全ての要素が成功したら99%の確率で成功と考えます。
そう考えることで、心理的プレッシャーは減少するでしょう。

 スタートの思い切りなど、盗塁はメンタルが大切になります。怖がったり焦ったりしては成功の確率は下がります。
もう一度言いますが、盗塁を分析することで、心理的プレッシャーは激減します。ここぞの場面で、普段通り思い切って走れる選手になるため、塁間マネジメントは重要な要素となります。

盗塁の構え

続いて、『盗塁の構え』を紹介!

 盗塁を試みて、セカンドベース上やサードベース上でアウトになってしまうことは、勇気を持ってトライしての結果なので、気にしてはいけません。
しかし、牽制でのアウトは、反省するべきでしょう。
もちろん、ピッチャーもランナーをアウトにするために牽制の練習をしているわけですから、全てがランナーの責任ではありませんが、基本は、牽制の上手いピッチャーであっても帰塁ができる確率の高いリードや構えを探すべきだと思います。そうすることで、スタート時のプレッシャーは減少するでしょう。
重心位置は、よく拇指球と言われますが、しっかり意識することが難しい部位だと思うので、つま先寄りに置いておく意識で充分だと思います。
腰は落として、身体の安定を司る体幹部に力を入れ、各関節にゆとりを持った構えが理想です。

【10月特集】スピードを生かす技術

このページのトップへ

【次のページ】 力の伝わるスタート/ランニングとスライディング

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 動画で解説!安福一貴の走塁術 【後編】【安福一貴の「塁間マネジメント」】
第8回 日本一の三塁ベースコーチに聞く! 阪神・高代延博コーチが語る「優秀な三塁コーチャーになるための実践法!」【技術ノート 走塁編】
第7回 日本一の三塁ベースコーチに聞く! 阪神・高代延博コーチが語る「チームで高める走塁術」【技術ノート 走塁編】
第13回 JR東日本野球部(後編)「失敗は引きずらず、生かすようにする」【社会人野球から学ぼう】
第12回 JR東日本野球部(前編)「走塁は大きな力を発揮する“付属品”」【社会人野球から学ぼう】

コメントを投稿する

プロフィール

安福一貴(プロ野球選手専属トレーナー)
  • 生年月日:1976年04月20日
  •  25歳のときから独学で身体機能について学び、トレーニング指導士、整体師等の資格を取得。常識に捕らわれない柔軟な視点、発想によって生み出した創意工夫された理論、練習法で、これまで多くのプロ野球選手、プロゴルファー、Jリーガーのトレーナーを務める。特にプロ1年目を終えて生きる道を模索していた埼玉西武ライオンズの片岡易之選手には独自で考案した盗塁の手引き「塁間マネジメント」を説いて3年連続の盗塁王へと導く。
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

安福一貴の「塁間マネージメント」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム