第119回 県立松阪高等学校(三重)2014年01月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]限られた時間を有効に使うには?
[2]集中力を高めるため、練習を工夫
[3]基礎部分をおろそかにしない

限られた時間を有効に使うには?

 当たり前、である。
 16時前。授業を終えてユニフォームに着替えた選手たちが、グラウンドへ走ってくる。グラウンドには、前日のうちから打撃練習のためのネットが準備されている。もちろん、すぐに練習が始められるように、だ。進学校である松阪は完全下校が19時と決められている。平日の練習開始時間は16時頃。16時半からの日もある。

松阪高校野球部 松葉 健司監督

 「(松阪に赴任して)7年間一度も『授業が終わったら走ってこい』と言ったことはないですけど、走ってきますね。
 ある時、部室で練習前に喋り声がしてたんです。昔はナイター照明もなかった。1分間に何球打てるか聞いたんですよ。打撃投手なら13球なんです。10分やったら130球。10日やったら1300球です。
 それなのに、最後に『もっと打ちたかった』と言ってる。じゃあ、『もっと早く出てきたら、もっといっぱい打てるやん』と。

 練習後も、『ありがとうございました』と言って、学校を出る。その後、ラーメン屋さんに寄って、今日はどうだったとか、女の子の話とか、これは全然問題ない。でも、『今、何してるの?』と。今は着替えている。着替えているときに『今日はさぁ……』と話すのと、打ってるときに『カーブ来たらどうしよう』と思うのは一緒のこと。『それでもいいんだったらやって』と。
 人間は絶対忘れるんで、しつこく、しつこく。習慣化するまでしつこくします」(松葉 健司監督)

 グラウンドはサッカー部などと共用。他部との取り決めで、打撃練習ができるのは1週間のうち水曜日と木曜日の2日しかない。
 限られた練習時間をいかに有効に使うか。うまくなりたかったら、たくさん打つ方がいい。時間を無駄にするということは、自らうまくなることを放棄しているということ。これがわからずに、走ってグラウンドに来ることを強制しても、成果は半減する。

目をつぶりながらペットボトルを振ることで、音と動作を一致させ、野球の動作につなげていく狙い。

 それがわかってきたら、次は意識の問題。例えば、同じ走るという行為にも、目的と意味を持たせる。

 「足の裏で地面を感じて走ってくるのか、拇指球(ぼしきゅう)を感じて走ってくるのか、バネを感じて走ってくるのか、目線やピントを合わせて走ってくるのか。それで走るコツがわかり出しますね。

 練習は何のためにするのかといったら、大まかに2つだと思うんです。1つはコツをつかむため。自転車に置き換えてもらったらわかるんですが、自転車に乗るコツがわかったら、もう自転車の練習はしないですよね。
 ということは、投げるコツ、打つコツがわかった子は、次は何のために練習するかといったら、その精度を上げるためにする。

 だから、大きく分けると、松阪の野球部には2つのグループがある。コツを探すグループと、精度を上げるグループということです。そのために日々練習をしているということですね。
 よく精神力を鍛えるといいますが、コツをつかみ、精度が上がってきたら絶対に人間は精神力がつきます。成功体験を与えてやると、自信がつくので精神力は上がるんです」(松葉監督)

【次のページ】 集中力を高めるため、練習を工夫

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第846回 昨夏代表・白山、剛腕岡林を擁しリードする菰野、三重の有力校を紹介!【三重県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第524回 【三重展望】シード校に集まった強豪校は?各ゾーンの勝ち上がり予想も!【大会展望・総括コラム】
第514回 【三重展望】近大高専、宇治山田商など南部の有力校・逸材を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第369回 いきなり宇治山田商vs菰野の対決が実現!激戦必至の三重を制する学校を大胆予想!【三重抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第26回 2014年準優勝の三重と、いなべ総合と菰野の公立勢が競う(三重県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
宇治山田商vs松阪商【三重県 2012年秋の大会 平成24年秋季三重県大会】
倉敷商vs松阪【第94回全国高校野球選手権大会】
倉敷商vs松阪【第94回全国高校野球選手権大会】
松阪vs四日市南【三重県 2012年夏の大会 第94回選手権三重大会】
松阪vs四日市工業【三重県 2012年春の大会 平成24年春季三重県大会】
松阪 【高校別データ】

コメントを投稿する


JKで勝つ!ここでしか読めないタジケンコラム

プロフィール

田尻賢誉
田尻 賢誉
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム