第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】2020年01月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【育英の練習の模様をギャラリーで】
[1]秋の敗退から下半身強化
[2]木製バットの取り入れ、明石商・中森から10点を

 春13回、夏6回の甲子園出場経験があり、1993年夏には全国制覇を成し遂げた育英。兵庫県の高校野球を代表する名門校だったが、2005年春を最後に甲子園から遠ざかっている。それでも昨夏は2年生主体でベスト4と躍進。今後に期待を抱かせる結果となった。

 本気でセンバツを狙いに行った秋は3回戦で報徳学園に0対1で敗退。甲子園で戦うことを目標にしていたこともあり、落胆は大きかったが、下を向くわけにもいかない。20年ぶりに夏の甲子園を目指す伝統校の現在地に迫った。

前編はこちらから!
「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】

秋の敗退から下半身強化



しこふみのトレーニングに励む育英ナイン

 秋に向けては守りでミスをしないことをテーマに夏休みから練習を続けてきた。右横手投げのエース・石澤 拓大(2年)は旧チームから主戦として登板し、抜群の安定感を誇る。彼の持ち味を発揮するためにも守備力を高めて、守り勝つ野球で15年ぶりのセンバツ出場を目指すことにしたのだ。

 経験値で優位に立つ育英は神戸地区予選Dブロックを初戦の須磨友が丘戦で苦しみながらも、順当に通過。決勝戦では強敵の滝川第二を7対3で下した。

 県大会では初戦で篠山鳳鳴を8対1の8回コールドで破る上々の出足。ベスト8をかけた3回戦で報徳学園との大一番を迎えた。

 この試合では石澤が3安打1失点と完璧な投球を見せたが、打線が県内屈指の好投手である坂口 翔颯(2年)の前に2安打無得点。0対1で敗れ、センバツ出場が絶望的となった。

 「センバツに行って勝負することがチーム内での共通目標であったので、どん底に叩き落されたような感じですね」と敗戦直後のチーム状況について振り返った安田監督。秋を勝ち抜いて甲子園で戦うことを現実的に考えていただけにショックは大きかった。

 敗因は明らかに打力不足だった。報徳学園戦が紙一重の試合だったことに間違いないが、「勝ったとしても頂点に行くにはまだまだ足らなかったと思います」(安田監督)と認めざるを得なかった。そこで安田監督は夏に向けて思い切った策に打って出る。

 一つは秋季大会が終わった10月頭から冬場にやるようなトレーニングを始めたことだ。下半身強化を目的にスイング量や走る量を増やして、体を苛め抜いた。特に選手たちがキツいと感じているのがしこ踏みだ。取材日にもしこ踏みは行われていたが、延々と同じ動作を繰り返しているうちに選手たちは苦悶の表情を浮かべていた。

【次のページ】 木製バットの取り入れ、明石商・中森から10点を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム