一期一会 手束仁

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 夢と期待の膨らむ都立日野2009年12月12日

 この夏、西東京大会ではベスト4に都立校が2校残って話題となった。
一つは小平、そしてもう1校が日野だった。いずれも決勝進出を目前に敗退したが、日野は甲子園出場を果たした日大三と大接戦を演じ、6回まではリードを保つなど大いに健闘して評価を上げた。さらに日野は、新チームとなった秋季東京都大会でもベスト4に進出した。都立校と私学とを区別しているわけではないが、東京都など首都圏では選手獲得や施設といった面も含めた練習環境に恵まれている私学の有力校に比べて、都立校は何かと規制も多くハンデがあるという事実は否めない。

 そんな中で、夏、秋と違うチームで連続して4強に進出したのはやはり評価されていいだろう。

 日野は今回、東京都高野連から21世紀枠代表候補として推薦された。これは、2002年に続いて二度目のことである。そのときのチームからは翌年秋に横川雄介捕手が読売の8巡目でドラフト指名されて話題にもなった。

 公立校の場合、教員の異動は避けられないことではあるが、日野の場合は前任の佐藤賢司監督(現国立監督)から引き継いだ嶋田雅之監督が、「本気で甲子園出場を目指すには打撃力のあるチームでなくてはいけない」という信念で、打撃型のチームを目指してチームを作り上げている。この秋はその成果が徐々に実ってきたといってもいい。

都大会準々決勝の明大中野八王子戦では、五番菊地理浩君が逆転サヨナラ満塁本塁打を放って、劇的な勝利を飾っている。この試合では四番の豊田陵平君も6回に左中間へ反撃の本塁打を放っている。大事な場面、ここ一番で打てる選手が確実に育っているというのは、嶋田監督の目指す打撃型のチームになっていっているといえそうだ。

 とはいえ、高いレベルで戦うには投手を中心とした守りの安定は欠かせない。
その軸となるのは松本勝哉君で、164cmと小柄だが、コントロールよく小気味のいい投球をする。田村勇祐君とともに、秋季大会でも粘りの投球で4強進出の原動力となっている。
1、2年生だけでも64人の部員がおり、シートノックでは捕手だけでも8人がレガースをつけて守っているなど、層も厚い。
「夏の実績は来年度の入部者に大いに影響を与える」(加藤陽一部長)というだけに、来春にはさらに多くの生徒が野球部の門を叩くことであろう。

 公立校でもあり、当然のことながら例え初心者であったとしても「来るものは拒まず」という姿勢を貫いている。野球部にとって、理想の部員数が何人なのかということは、チームの方針によっても異なるであろうが、日野の場合、東京都でも屈指の大所帯になることだけは間違いない。

 グラウンドは校舎に隣接しているが、両翼は80mもとれないくらいだし、左中間の膨らみもあまりなく、右中間には校舎がせり出している変形となっている。それでも、練習試合があると熱心な父母や近所の人が多く観戦に訪れる。ネット裏にはじっくりと観戦出来るようにスタンドが設けられており、日差しよけの屋根まであるのはありがたい。こうした配慮も「地域に根ざした高校野球」としては必要なことだと思う。また、女子マネージャーが選手名をアナウンスして紹介もしている。こうした取り組みも含めて、21世紀枠の推薦理由となったのであろうと思う。

 もっとも、二度目の推薦をされたからといって代表になれるというものではない。愛知の成章のように3年連続して推薦されて、やっと代表に選ばれたという例もある。しかし、日野はたとえ来春の選には漏れたとしても、ここまで積み上げてきた実績は確かなものとなってきている。そして、選手たちも確実に、「私学の強豪にも臆さずに戦える」という自信は芽生えている。嶋田監督は、選手たちには浮ついた気持ちではなくしっかりと地に足をつけた気持ちで練習していく姿勢を求めている。そんなチームだけに、一冬越えてどこまで成長していくのか、楽しみである。

このページのトップへ


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立日野vs都立板橋【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立日野vs都立城東【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs都立日野【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
日本学園vs都立日野台【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
都立小平vs都立桜町【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1028回 都立高の矜持を胸に「打倒・強豪私学」を誓う 都立日野が冬に掴んだ精神的な強さ【野球部訪問】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第451回 佐々木 千隼(都日野-桜美林)「意識改革でドラフト1位投手へ成長!」 【2016年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第1回 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
都立小平 【高校別データ】
都立小平南 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム