第242回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 対戦した学校から「今年の創価はエグい!」と呼ばれる理由とは2019年11月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年の東京都ナンバーワン右腕になれるか?創価のエース・森畑 侑大
[2]野手もハイレベルな顔ぶれ

 11月3日、高校野球の会場で長く使用されてきた明治神宮第二球場はラストデーを迎えた。3日に開催された秋季都大会準々決勝の創価vs日大二日大三vs帝京の2試合はラストを飾るに相応しい試合だった。

 いずれも白熱とした2試合だったが、4校とも逸材が多かった。来春へ向けて進化を期待したい逸材を紹介していきたい。今回は創価だ。

試合レポートはこちらから!
創価vs日大二

今年の東京都ナンバーワン右腕になれるか?創価のエース・森畑 侑大



創価エース・森畑 侑大

 「今年の創価はエグイ」

 今年、東京都をメインに取材している記者、創価と公式戦、練習試合で対戦した学校の指導者が口を揃えて、今年の創価についてそう評する。

 今年の創価の勝ち上がりを改めて振り返ると、一次予選から都大会1回戦まで3試合連続で完封勝利。2回戦の大森学園、準々決勝の日大二でも中盤まで接戦を演じながら終盤に突き放すなど接戦にも強い。

 特に日大二戦は、日大二折笠 利矩の投球の前に苦しんだが、終盤に逆転勝利を挙げた試合内容は、改めて創価の強さを印象付ける試合となった。

 まずピックアップしたいのは創価のエース・森畑 侑大だ。森畑は速球の勢い、変化球の精度ともに今年の東京都ではトップレベルの好右腕だ。

 ストレートは常時130キロ前半~138キロとストレートのスピードは平均的だが、球速表示以上に伸びを感じさせるストレートで次々と空振りを奪うことができる。120キロ前後のスライダーも打者の手元で鋭く曲がり、本人が自信とする120キロ前後のフォークも決まる。

 ストレートの速さだけではなく、コントロール、駆け引きも優れた右腕。4回裏に先制の適時二塁打を打たれてしまうが、その後も落ち着いたピッチング。7回裏には二死二塁のピンチを招くが、この日最速の138キロのストレートで空振り三振に打ち取るなど、終盤になっても球威は衰えなかった。

 森畑は「今日は3人で打ち取って、リズムを作ることをイメージしましたが、なかなかそれができず苦しい思いをしました」と振り返るが、それでも自信とするフォークでしのぎ切った。

 調布シニア出身で、入学時は120キロ前半だったが、体づくりに取り組み、入学から5キロ増量。投球フォームも踏み出し足の幅、軸足の力の入れ方などあらゆる部分を意識しながら、この夏、最速145キロまでに達した。だが、この秋は投球術の成長が著しく、創価の片桐監督も「ピッチングの幅が広がっている」と評価する。優勝して、東京都ナンバーワン右腕と呼ばれる存在となれるか。

【次のページ】 野手もハイレベルな顔ぶれ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
創価vs大森学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
創価vs日本学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
創価vs目白研心【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第936回 【西東京大会・準決勝展望】東海大菅生vs国学院久我山、桜美林vs創価 ファイナルへ進むのは?【大会展望・総括コラム】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第679回 菊地郁也(創価)「監督からも、チームメイトからも信頼されるような投手に」 【2018年インタビュー】
第487回 田中 正義投手(創価高-創価大)「日本一の投手、そして世界一の投手へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第486回 田中 正義投手(創価高-創価大)「高校時代の後悔がストイックな自分にさせた」【前編】 【2017年インタビュー】
創価 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム