第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間2019年10月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全国優勝投手として星稜に入学
[2]2年春から4季連続甲子園出場の立役者に/U-18で見せた圧倒的な投球をプロの世界で

 10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。今年一番の目玉は何と言ってもこの男だろう。最速154キロの直球を投じながら、変化球、コントロールも一級品。今夏の甲子園では惜しくも準優勝に終わるも、U-18では圧巻の投球を見せた、星稜奥川 恭伸だ。

 大船渡佐々木 朗希と並び、いったい何球団がこの男に競合するのか注目が集まるが、ドラフト前に、奥川の3年間の歩みを振り返ろう。

全国優勝投手として星稜に入学



奥川恭伸(星稜)

 かほく市立宇ノ気中時代は軟式野球部で活躍していた奥川。中学3年夏の全国中学校野球体育大会(通称"全中")では、見事優勝を果たした。今でこそ名実ともに世代トップとして誰もが認める投手になったが、中学生時代から「試合の流れとか大丈夫な回と危ない雰囲気の回の配分。ピンチの時にしっかり投げられるように配分を考えてやっていました。速い球とかすごい変化球とかじゃなくて試合全体を考えて勝てるピッチャーを目指していたんです」というのだから、当時から一歩先を行く投手だったことが分かる。

 全中優勝を手土産に、小・中とバッテリーを組んでいた山瀬慎之助とともに、名門・星稜の門を叩いた奥川は早々に頭角を現す。1年夏の石川大会で登板を果たすと、秋には故障した1年先輩の竹谷 理央に代わって主戦格に。秋季石川大会を制すると、秋季北信越大会でも準優勝を果たし、翌春の選抜切符を掴んだ。

【次のページ】 2年春から4季連続甲子園出場の立役者に/U-18で見せた圧倒的な投球をプロの世界で

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
安樂智大(済美)
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
山瀬 慎之助(星稜) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム