第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.16 「プロ注目の強打者・森下翔太、太田椋の最後の夏」2018年08月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]森下翔太(東海大相模) 勝負強い4番へ 隙の無い打撃を求めた
[2]太田 椋(天理) 超高校級のショート 夏で「確かな」進化

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回は惜しくも甲子園を逃したもの、その実力は間違いなく高校トップクラスの野手2名をご紹介します。

森下翔太(東海大相模) 勝負強い4番へ 隙の無い打撃を求めた


森下翔太(東海大相模)
 

 東海大相模の春夏連続出場の夢は、準決勝で絶たれた。その中でも高校通算57本塁打の主砲・森下 翔太は、ラスト1年は悔しい夏に終わった。

 スラッガーを輩出し続ける東海大相模。その先輩たちと比べても森下の技術は秀ででいた。ややオープンスタンス気味に構え、始動の仕掛けを早めにして、足を回しこむように上げていきながら、タイミングを計る。トップを形成した後、最短距離でインパクトに持っていく。スラッガーでありながら、レベルスイングを心がけ、内外角に対応し、さらに変化球も流し打つ上手さがある。

 森下は齊藤 大輝横浜)と同じ戸塚シニア出身。東海大相模に入学すると、1年夏から同校では史上3人目となる1年生4番を務めた。そして、森下は2年生から公式戦でも活躍を見せるようになる。森下の勝負強さを示したのが、2年春の県大会準決勝・桐光学園戦でのことである。

 5回表、桐光学園は無死一、二塁のチャンスを作り、8番小林が打ち上げた大飛球をセンター・森下がスーパーキャッチ。そして走者が飛び出し、トリプルプレーでチェンジと思われたが、桐光学園側から落球したのではないかと確認のお願いが入った。審判6人の協議の結果、落球したとみなされ、二塁走者生還で、無死一、二塁で再開した。森下はその悔しさをばねに5回裏、場外弾。大きくガッツポーズを見せながら、本塁へ生還する姿を見て、強烈なメンタリティを持った選手だと感じさせた。

 そして最上級生になった2年秋。森下は驚異的な活躍を見せる。公式戦11試合に出場し、41打数27安打、打率.512、5本塁打、23打点、長打率1.195と驚異的な活躍を見せ、選抜では大きな活躍が期待されたが、4試合に出場し、15打数4安打と悔しい結果に終わった。

 4番打者として結果を残せなかった悔しさ。それが森下の成長の支えとなった。春季関東大会では、花咲徳栄戦でサヨナラ安打、夏では神奈川工戦で、特大2ラン。相模原戦では9回裏に同点2ランを放ち、勝利に貢献。準決勝の慶應義塾戦でも、ヒット1本に終わったが、内容自体は悪くなく、選抜に比べれば成長を見せた。

 打撃だけではなく、常に全力疾走を心がけ、二塁打、三塁打を量産する走塁技術、センターから投げ込む鋭い返球と、走攻守三拍子揃った大型外野手。森下はどんな進路選択の決断をするのか、大きく注目される。

【次のページ】 太田 椋(天理) 超高校級のショート 夏で「確かな」進化

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1173回 中学通算23本塁打のスラッガー・松本ジョセフ(戸塚シニア)。規格外の長打力を生んだ打撃研究 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
太田 椋(天理) 【選手名鑑】
森下 翔太(東海大相模) 【選手名鑑】
天理 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム