第3回 全国制覇5度を誇り、現役プロ野球選手19名もいる横浜の戦績・卒業生の進路を紹介!2020年04月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園通算戦績
[2]プロ入りした選手
[3]主な選手の進路<2009〜2012年卒>
[4]主な選手の進路<2013〜2016年卒>
[5]主な選手の進路<2017〜2018年卒>
[6]主な選手の進路<2019〜2020年卒>

 1998年、松坂 大輔を擁し史上5校目の春夏連覇を達成した神奈川県の名門校・横浜。甲子園には春夏通算34回出場し、優勝5回、準優勝1回を誇る。今季から海を渡った筒香 嘉智や、球界屈指のアベレージヒッター近藤 健介など、名だたるプロ野球選手を多く輩出している。

 そんな横浜のこれまでの戦績、プロ入りを果たして選手、主な卒業生の進路先を紹介したい。

甲子園通算戦績



全国屈指のの名門校・横浜

【甲子園通算成績】
夏 37勝5敗 優勝2回
春 26勝7敗 優勝3回、準優勝1回

1963年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
1973年(春)優勝
1974年(春)2回戦敗退
1978年(夏)3回戦敗退
1980年(夏)優勝
1981年(夏)2回戦敗退
1985年(春)2回戦敗退
1989年(夏)2回戦敗退
1992年(春)1回戦敗退
1993年(春)2回戦敗退
1994年(春)2回戦敗退
1994年(夏)2回戦敗退
1996年(春)1回戦敗退
1996年(夏)3回戦敗退
1998年(春)優勝
1998年(夏)優勝
1999年(春)1回戦敗退
2000年(夏)準々決勝敗退(ベスト8)
2001年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
2003年(春)準優勝
2004年(夏)準々決勝敗退(ベスト8)
2006年(春)優勝
2006年(夏)2回戦敗退
2007年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
2008年(春)2回戦敗退
2008年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
2011年(春)1回戦敗退
2011年(夏)3回戦敗退
2012年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
2013年(夏)3回戦敗退
2014年(春)1回戦敗退
2016年(夏)2回戦敗退
2017年(夏)1回戦敗退
2018年(夏)3回戦敗退
2019年(春)1回戦敗退

【次のページ】 全国制覇5度を誇り、現役プロ野球選手19名もいる横浜の戦績・卒業生の進路を紹介!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム