目次

【目次】 [1]「柔軟性」と「力強さ」で本塁打増へ
[2]新たな挑戦へ不可欠なメンタル強化


 これまで2度の選抜甲子園出場経験を持つ新田。昨秋は秋季愛媛県大会で3位に滑り込み、3度目の選抜甲子園へ期待が膨らんだが、秋季四国大会では準々決勝で尽誠学園に3対7で敗戦。あと一歩のところで選抜甲子園には届かなかった。

 甲子園のチャンスは残り1回。新田ナインは、秋の結果から何を感じ取りオフシーズンに入ったのか。今回は新田を率いる岡田茂雄監督、主将の松永倖輔、そしてエースの渡部凱斗の言葉から紐解いていく。

「柔軟性」と「力強さ」で本塁打増へ


 前チームから経験を積んでいるエースの138キロ右腕・渡部凱斗などが残り、期待が持てる中でスタートした新チーム。岡田監督は秋季大会を迎える際に、あえて「選抜甲子園出場」を選手たちに強く意識させたと振り返る。

 「秋に向けて、甲子園というものを強く意識させて取り組んでいましたが、選手たちは目標に向かって強い意識を持ってプレーできたと思います。結果はベスト8で終わりましたが、そこは得るものは大きかったかなと思います」

 秋季四国大会準決勝では小松との壮絶な打撃戦の末、10対11で敗れて3位決定戦に回ったが、帝京第五との3位決定戦は渡部の奮投もあり4対2で競り勝つ。4年ぶり9回目の出場を果たした秋季四国大会でも、1回戦で川島に6対0で完勝。
 上位進出の経験が無い中でも、甲子園を意識しながら自分たちの野球ができたことに、岡田監督は一定の手応えを掴んだのだ。

 「チームの課題は、柔軟性と力強さです。打撃でも守備でも、柔軟性と力強さが足りなかったかなと思うので、これからは柔軟性と力強さを兼ね備えた強いチームにしていきたいなと思います」

 岡田監督が「柔軟性」と「力強さ」を求めるのには理由がある。チームの本塁打が1本も出なかったためだ。「柔軟性」と「力強さ」を向上させることで打撃力をアップさせ、チームの本塁打数も増やす狙いだ。

 そして、そのことは選手たちも自覚している。
 主将の松永も、「四国大会に上がってきた他のチームにはホームランがあったのに、自分たちにはそれが無かった」と振り返り、冬のトレーニングでは「ホームランを打てる打撃力を身に付けたい」と力強く宣言した。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。