名門・日大三の新エースは、身長179センチ、体重66キロと、かなり痩せ型だ。最速も139キロくらいと、150キロの速球を誇った前任者である井上 広輝に比べると威圧感に欠ける。しかし、その存在感は格別だ。

正確無比のコントロールを誇る細身のエース


 この秋の1次予選の代表決定戦では、打線が相手投手の変化球に苦しみロースコアの展開になったが、新エースは、初回に安打と死球の走者を出したものの、2回以降は1人の走者も出さず、全く危なげのない投球で勝利に貢献した。

 最大の特徴は、正確無比なコントロールだ。左右高低、ストライクゾーンのコースぎりぎりを突く投球は、審判泣かせといっていい制球力だ。「キャッチボールの時から、相手のベルトの高さに投げるように意識しています」という、日常の地道な積み重ねの賜物だ。加えて、縦横のスライダーも効果的に使う。

 生まれは宮崎県。横浜高校、明治大を経て、現在中日で活躍する柳 裕也と同じ都城シニアの出身だ。日大三に入るきっかけになったのは、櫻井 周斗(現横浜DeNA)や金成 麗生(現トヨタ自動車)らがいたときのチームが、招待試合で宮崎県に来たことだった。

 入学後は1年の秋からベンチ入りしているが、あくまでも井上 広輝廣澤 優に次ぐ、3番手の位置づけで、十分な結果を残せなかった。しかし、この秋からはエース。「自分がしっかりしないといけません。日常生活から意識するようにしています」と語る。

 目標とするのは、中学時代のチームの先輩であっても、直接見たことのない柳 裕也ではなく、1学年上の井上 広輝だ。井上については、「体つきから違います」と語りつつも、「超えるようなピッチャーになりたい」と抱負を語る。

 もっとも井上とはタイプが違うように思うが、「まず、冬のトレーニングで体を作ることです。しっかり食べて、体重を増やしたい」と語る。
 体ができて、球速が増せば、まさに鬼に金棒。ひと冬越した成長が楽しみな投手だ。

 ただその前に、センバツ出場を目指し秋季都大会がある。目標はもちろん優勝だ。打線は例年に比べてやや小ぶりな印象があるだけに、今はまだ細身の左腕への期待も大きくなる。

(記事・大島 裕史)

関連記事はこちらから!
オコエ瑠偉の系譜を受け継ぐ、俊足強打のセンター・重政拓夢(関東一)を見逃すな!