第10回 U18ナンバーワンのバットコントロール!目指せ最多安打・熊田任洋(東邦)2019年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 バットコントロールの良さでは、代表選手ナンバーワンのショートストップ・熊田 任洋東邦)。岐阜青山ボーイズ時代は、ボーイズのオールスター大会ともいっていい「鶴岡一人大会」で、中日本選抜で出場するなど、中学時代から実績は豊富だったが、そこで感じていたのはトップレベルの選手との技術的な差だった。熊田は、トップレベル選手目指して練習を行い、東邦入学後は、同期の石川 昂弥の飛距離に驚かされながらも懸命に努力を続け、1年夏からベンチ入りを果たす。1年夏から14打数7安打を記録し、2年夏までは1番打者、2年秋以降は4番打者として活躍を見せてきた。

 熊田が活躍できる要因は、彼の打撃練習の取り組む姿勢をみればわかる。たとえば、ティーバッティングでは一球一球スイング軌道を確かめながらスイングを行い、またティーバッティングでも、バウンドしたものを打ったり、スタンドティーを打ったりなど、様々な種類に取り組んでいる。

 熊田に打撃で意識していることを尋ねると、いかに自分の形で打てるかにこだわっているという。
 そのため、タイミングの取り方も変えており、一時期はノーステップで打つ時期もあった。

 代表入りして初実戦となった24日の駒大戦では、2試合合わせて、5打数3安打1四球と最も当たりをみせた。ボールの見え方が良く、どの打席でも芯に当てた打球を飛ばす。木製バットにしっかりと順応できていることがわかる。

 現在は、ショートだけではなく、サード、セカンドの練習にも取り組む熊田だが、武器はそれだけではない。俊足も持ち味で次々と盗塁を奪うこともできる。
 世界の好投手を打ち崩すために、日々研究を重ねる熊田が、世界大会では自慢のバットコントロールを発揮することができるか注目だ。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表が駒澤大と対戦!2試合をレポート!
4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
熊田 任洋(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム