第66回 花園(京都)「目標は全国での1勝!甲子園で勝てるチームを目指す!」2019年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]“甲子園で勝てるチーム”になる
[2]楽しく悔いのない夏にしたい/新たな花園の歴史をつくれ!

“甲子園で勝てるチーム”になる



花園の選手たち

■中高一貫の進学校

 今春、京都大学や千葉大学に卒業生を輩出した花園は目指す大学に合わせて3つのコースが設置されている。
 中高一貫校で、学校にはカフェテリアや中庭。そしてトレーニングルームに禅を組める講堂がある恵まれた環境の中で、陸上部は全国クラスを誇る。そのほかに男子バレーボール部や剣道部、ラグビー部、吹奏楽部、そして硬式野球部が強化クラブに指定されている。

■王者・龍谷大平安と対戦

 現在1年生22名、2年生23名、3年生21名の66名で活動している花園。他の部活動と併用して校庭を使うため、週2回のみ全面を長く使えない。そうした環境の中でもチームの目標である“甲子園1勝”を目指して、日々練習を重ねている。

 そんな花園は新チーム結成時、“元気ではどこにも負けないこと”をテーマに掲げてスタート。しかし昨秋、Fゾーンに入った花園は1次戦で敗退し、長いオフシーズンに入った。春、そして夏に勝ち続けるために、チームでは基本となる体づくりに重点を置いてトレーニングに励んだ。

 こうして迎えた春季大会。花園は1次戦を何とか勝ち上がり、2次戦へ進出。勢いづいてきた中で初戦に対戦したのは選抜出場校・龍谷大平安。序盤は競ったゲーム展開だったが、後半に崩れ、0対7で敗れた。しかしこの試合を通じて「王者・龍谷大平安と対戦出来たのは大きな財産だった」と主将・髙田賢三は振り返った。

■“甲子園で勝てるチーム”を作る

 名門校との対戦を通じて、現在は“甲子園で勝てるチーム”を作るために練習に励んでいる。そんなチームを今まで牽引してきたのが、エースとしてチームの勝利に貢献してきた藤田駿伍。チームの士気を高めるムードメーカー・牧野光海。さらにチーム唯一の2桁本塁打を放つ髙田主将の3名だ。

 特に髙田主将は先頭打者としての出塁率が8割をマークしている。藤田や牧野、そして太田力斗とともにこの夏の活躍が期待されるキーマンだ。

■「甲子園で1勝します!」

 「甲子園で1勝します!」と最後に意気込みを語った髙田主将。夏の大会の初戦は奇しくも龍谷大平安。春のリベンジを果たすため、そして甲子園での1勝のために、
・後半の粘り強さ
・何事にも挑戦する姿勢
・自らで考え判断し、行動する力
の3つの武器を駆使して王者に再び挑む。

【次のページ】 楽しく悔いのない夏にしたい/新たな花園の歴史をつくれ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社vs金光大阪【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
履正社vs近大附【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
東海大仰星vs初芝立命館【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
金光大阪vs東海大仰星【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
第67回 高鍋(宮崎)「走攻守すべてで攻める夏にして、決めるぞ甲子園!」【僕らの熱い夏2019】
花園 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム