第16回 大舞台でも発揮した習志野の緻密な守備と走塁。すべてはタイムを意識することから始まる2019年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 初の決勝進出を果たした習志野。惜しくも東邦に敗れ、準優勝に終わったが、3試合連続の逆転勝利と劇的な勝利が続いた。大会中、勝負強い打撃、相手のスキを突き、無駄のない走塁、安定した守備を貫いた。今回は習志野の練習シーンからその原点に迫っていきたい。

習志野の基準タイム「4秒00」



張り詰めた雰囲気で行われる習志野の守備練習

 習志野の練習を見て気になったことがある。それは練習の補助員が打球が飛んだ際に、「4秒01、3秒87」と叫んでいることだ。これは打球が転がってから送球が完了するまでのタイムを計っている。習志野の基準タイムは「4秒00」。クリアができなかったり、送球が乱れる場合があれば、小林徹監督からそれができない理由をピンポイントで指摘する。罵声があるわけではない。ただタイムをクリアするために無我夢中でボールに飛びつく守備練習は張り詰めた雰囲気で、取材者でも緊張してしまう。

 三塁手の和田 泰征は、「足が速い選手は4秒00で走り終えることを考えていて、それまでに送球が完了させることを意識しています」と説明。また左打者のセーフティバントについては「3秒80以内」で終えることを基準にしている。習志野の無駄のない守備はタイムを意識した練習から築かれているのだ。

 もちろんこれより速い3秒後半を当たり前に走る選手はいるが、まだ技術、動作のスピードが遅い高校生に対しては高い数字を求めすぎるのではなく、一般的な俊足選手の基準を設け、当たり前にクリアできるよう、練習を積んでいる。

 和田は最初、苦しんだが、日々のノックや、動作の切れや体の強さを身に付けるトレーニングを積んでいたことで、動作の切れを増していき、タイムがクリアできるようになった。「打者によって反応を早くしたり、セーフティに備えたり、打球が速い選手の場合はしっかりと待って捌くことを考えたりと、いろいろなことを考えて備えができるようになります」

 ただボールを食らいつくだけではなく、タイムも意識することで、実戦に強くなる。それが甲子園で安定した守備をもたらした。

 また習志野は走者二塁時、シングルヒットや相手のエラーで高い確率で本塁に帰ってくるが、もちろんこれもタイムを測っている。習志野が基準とするのは「6秒80以内」だ。何度も繰り返して、当たり前にこなせるようにする。そのクリアをするために第二リードや、スタートのタイミングを工夫を行う。右翼手の高橋 雅也は「内野ゴロも、走塁も、僕らも、先輩も納得いくタイムが出せるよう練習をしていきました」

 習志野の強さは簡単には動じない精神的な強さ、平常心でプレーできる強さがある。それは小林監督の巧みな選手操縦法だけではなく、タイムを意識した日々の守備練習と走塁練習で築かれた技術によっていつでも甲子園でその技術を表現できるのだ。

取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第3回 尽誠学園(香川・18年ぶり7回目の出場)2016年夏以来の聖地で 「18年ぶり聖地1勝」のその先へ【センバツ2020】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs拓大紅陵【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
習志野vs木更津総合【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
習志野 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム