第1回 釧路湖陵(北海道)「文武両道!道立で唯一の全道ベスト4の釧路湖陵!」2019年01月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]道立で唯一の全道ベスト4の釧路湖陵!強打で勝ち上がった全道大会!
[2]全道大会の原動力となった選手達にインタビュー!
[3]課題を克服しようとする姿勢と過程が大切!

道立で唯一の全道ベスト4の釧路湖陵!強打で勝ち上がった全道大会!



笑顔がまぶしい釧路湖陵野球部

■釧路市が誇る進学校・釧路湖陵
 釧路市に所在する釧路湖陵は大正8年に北海道庁立釧路中学校として設立を認可され、昭和25年に現在の校名である「釧路湖陵」となった。平成24年(2012年)の4月には、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール指定校に認可。近年の進学実績では現役で東京大、北海道大などの国立大、慶應大、早稲田大など難関私学の合格者を送り出す進学校として注目されている。

 釧路市が誇る進学校が2018年秋、快進撃を起こした。全道大会ではベスト4まで駆け上がり、北海道の21世紀枠推薦校に選ばれた。3分の1の確率で21世紀枠のセンバツ出場を願う釧路湖陵の冬を追った。

■釧路湖陵の環境は?
 釧路湖陵の野球部は1年生10名、2年生14名と計24名で活動しており、現在はグラウンドを使わず、室内練習場となっているビニールハウス、体育館は他の部との兼ね合いで使用できないので、廊下などの校舎の中でトレーニングを行っている。積雪地域の釧路だからこそ名物練習として、齋藤叡佑主将は練習開始時に行う雪上ハンドボールを挙げてくれた。これには2つの目的があり、
・雪上を走り回ることにより下半身を鍛える
・周囲を見て行動する力を身に付ける
これが釧路湖陵ナインの強さを作っている。

■苦しい新チームスタート 全道初戦を制し、勢いに乗りベスト4へ!
 新チームスタート時、釧路湖陵は「攻・走・守」全てにおいて、基礎・基本を見直し、人間として成長することをテーマに掲げスタートしたが、思うようにチームがまとまらず、主将・副主将が替わりそうになった。でもそこから他の部員の協力もあって何とか立て直してきた。試合を重ねるごとに釧路湖陵には3つの武器が出来た。
・長打を打てる打撃
・相手に揺さぶりをかける走塁
・どんな時も元気を絶やさないベンチ

 齋藤主将は印象に残る試合として挙げたのが全道大会の1回戦・札幌英藍戦だ。14対12の打撃戦を主将はこう振り返った。

 「相手が全校応援で、約1,000人の大応援に圧倒され、指示の声も通らずに思うようなプレーが出来なかったです。点の取り合いになり、打撃戦なら負けないと思っていましたが、正直不安もありましたね。一時リードを許しながらも最後は何とか勝利することができたことがチームにとって大きな成長をもたらし、勢いを作ることができたと思います」

 これで勢いに乗った釧路湖陵は残り2試合も自慢の打撃力を発揮し、ベスト4まで勝ち上がった。

【次のページ】 全道大会の原動力となった選手達にインタビュー!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第833回 21世紀枠最終推薦校に選ばれた9校にはどんな逸材がいるのか??【大会展望・総括コラム】
第3回 札幌光星(北海道)「もう一人の自分に負けないこと!」【冬が僕らを強くする2019】
札幌第一vs釧路湖陵【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
釧路湖陵vs稚内大谷【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
第54回 北広島高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2018】
旭川実vs北海道栄【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
北海道栄vs函館工【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
札幌第一vs北海道栄【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
古川 敢太(釧路湖陵) 【選手名鑑】
堀 海人(釧路湖陵) 【選手名鑑】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
釧路湖陵 【高校別データ】
札幌英藍 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム