第1回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】鹿児島編・リスキーなプレーをみせた松永遥平(鹿児島)2017年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]勝敗分けた好守の真意
[2]好守の真相/優勝候補の挑戦者


松永遥平(鹿児島)

 高校野球ドットコムでお馴染みの現地記者の皆さんが、今年一年、最も輝いていたと思う選手に贈る賞を発表!第一弾は、鹿児島の政記者が表彰!鹿児島高校2年生の松永 遥平選手に、「2017年の最も輝いていたで賞」を贈ります!

勝敗分けた好守の真意

 この企画の依頼を受けて17年の鹿児島で該当するのは誰だろうか考えた。

 夏の甲子園3回戦明豊戦で延長12回表に二死満塁から起死回生のセーフティーバントを決めた神村学園後藤 拓真主将(3年)や、鹿児島大会決勝戦に代打で同点三塁打を放った前畑 太壱(3年)の名前が真っ先に浮かんだが、彼らはその時点で様々なメディアに取り上げられた選手である。「他のメディアではなかなか取り上げることのない選手」「政記者だからこそ知るエピソード」となるともうひと工夫がいる。

 この1年間を振り返って、1つだけその真意を確かめてみたいと思った場面があった。夏の鹿児島大会準々決勝鹿児島鹿児島実戦。第2シード鹿児島実が7回まで6対2とリードし、ノーシードから勝ち上がった鹿児島の快進撃もここまでかと思われたが、8回に5番・国本 悠志(3年)の2ランで再び流れを引き寄せると、9回にも3点を加え7対6で鹿児島が逆転勝ちした。「ある場面」とは9回裏、1点差を追いかける鹿児島実の攻撃、一死一塁から代打・外薗 海人(3年)が初球で送りバントを仕掛けたシーンだ。マウンドの2年生エース松永 遥平が鮮やかなフィールディング、二塁で刺した。

 松永が二塁に投げた瞬間、「えっ?」と私は目を疑った。普通に考えれば無理せず一塁で確実にアウトを取り、二死二塁、次打者勝負でOKの場面だろう。もし野選となり一死一二塁となれば逆転、サヨナラの走者を出すことになる。間違って悪送球となれば、その時点で同点となる可能性もあった。リスクの高いプレーだが結果的に二塁でアウトがとれたことで鹿児島の勝利はほぼ決まったといっていい。なぜこの場面で二塁アウトを狙ったのか? その真意を確かめたかったが、この試合は2ランを打った国本や福山 樹主将ら3年生をクローズアップしたので聞きそびれた。

【次のページ】 好守の真相

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島城西vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs樟南【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第114回 万里一空~すべての高校球児に贈るメッセージ【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
上之薗 大雅(鹿児島実) 【選手名鑑】
後藤 拓真(神村学園) 【選手名鑑】
西 竜我(鹿児島実) 【選手名鑑】
前畑 太壱(神村学園) 【選手名鑑】
松永 遥平(鹿児島) 【選手名鑑】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム