目次

[1]勝敗分けた好守の真意
[2]好守の真相/優勝候補の挑戦者

 高校野球ドットコムでお馴染みの現地記者の皆さんが、今年一年、最も輝いていたと思う選手に贈る賞を発表!第一弾は、鹿児島の政記者が表彰!鹿児島高校2年生の松永 遥平選手に、「2017年の最も輝いていたで賞」を贈ります!

勝敗分けた好守の真意

 この企画の依頼を受けて17年の鹿児島で該当するのは誰だろうか考えた。

 夏の甲子園3回戦明豊戦で延長12回表に二死満塁から起死回生のセーフティーバントを決めた神村学園後藤 拓真主将(3年)や、鹿児島大会決勝戦に代打で同点三塁打を放った前畑 太壱(3年)の名前が真っ先に浮かんだが、彼らはその時点で様々なメディアに取り上げられた選手である。「他のメディアではなかなか取り上げることのない選手」「政記者だからこそ知るエピソード」となるともうひと工夫がいる。

 この1年間を振り返って、1つだけその真意を確かめてみたいと思った場面があった。夏の鹿児島大会準々決勝鹿児島鹿児島実戦。第2シード鹿児島実が7回まで6対2とリードし、ノーシードから勝ち上がった鹿児島の快進撃もここまでかと思われたが、8回に5番・国本 悠志(3年)の2ランで再び流れを引き寄せると、9回にも3点を加え7対6で鹿児島が逆転勝ちした。「ある場面」とは9回裏、1点差を追いかける鹿児島実の攻撃、一死一塁から代打・外薗 海人(3年)が初球で送りバントを仕掛けたシーンだ。マウンドの2年生エース松永 遥平が鮮やかなフィールディング、二塁で刺した。

 松永が二塁に投げた瞬間、「えっ?」と私は目を疑った。普通に考えれば無理せず一塁で確実にアウトを取り、二死二塁、次打者勝負でOKの場面だろう。もし野選となり一死一二塁となれば逆転、サヨナラの走者を出すことになる。間違って悪送球となれば、その時点で同点となる可能性もあった。リスクの高いプレーだが結果的に二塁でアウトがとれたことで鹿児島の勝利はほぼ決まったといっていい。なぜこの場面で二塁アウトを狙ったのか? その真意を確かめたかったが、この試合は2ランを打った国本や福山 樹主将ら3年生をクローズアップしたので聞きそびれた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。