第50回 神島高等学校(和歌山)2018年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

神島高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]砂浜トレーニングで脚力と精神力を鍛える
[2]強豪校に負けない体格を作りたい!
[3]「今」泣いて、「未来」で笑おう!

砂浜トレーニングで脚力と精神力を鍛える

■全国大会で活躍する部活動も多い伝統校
 和歌山県田辺市にある和歌山県立神島高等学校は、1916年に田辺実業学校として創立。56年には田辺商業高校となり、06年には田辺湾に浮かぶ島名をとって現校名に変更された。現在は普通科と経営科学科が設置されている。部活動は少林寺拳法部、カヌー部、陸上競技部、弓道部などが全国大会で活躍。野球部も田辺商時代の79年に春のセンバツ大会に出場しており、昨秋は和歌山大会一次予選で2勝を挙げ、二次予選への代表決定戦まで駒を進めた。

■野球部の紹介
 野球部は2年生13名、1年生11名の計24名。効率良く練習するため、チームでは全力疾走を徹底。また、「学校の近くにある砂浜で2時間ほどトレーニングをすることもあります。体を限界までいじめた後、さらに最後のメニューとして砂浜の端から端まで選手でリレーをすることで追い込みをかけ、精神力を鍛えています」と、早田 りく主将。試合でも相手を揺さぶる走塁がチームの強みだ。

■最も印象に残っている試合は?
 早田主将が挙げたのは、昨夏、和歌山大会の初戦で対戦した強豪・智辯和歌山との一戦。序盤から失点を重ね、2対12で6回コールド負けを喫したが、「自分たちの目標は甲子園出場なので、『このチームに勝たないと甲子園には行けない』と強く感じました」と、振り返っている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 共に4月から新2年生となる左向 政輝投手と岩間 凌輝投手の2人が奮投。チームを勝利へ導くピッチングを見せた。また、早田主将は春以降のキーマンとして西山 佳希選手と根岸 大悟選手を指名。さらに、チームに貢献している選手に畑谷 陸斗選手の名前を挙げ、「普段からゴミを拾っている姿をよく見かけるのですが、その人間性が素晴らしいですし、彼の長所だと感じています。そして、その行動は『野球が上手くなりたい』という思いから生じる高い意識の表れだと思うので、これからチームの大黒柱になってくれることを期待しています」と、話している。

■この冬の意気込み!
 オフシーズンは体格を良くすることをテーマにしている神島。早田主将は「上級生は、下級生に下を向いた姿やきつそうな顔を見せないこと。そして、最後の冬になるので、後悔だけは絶対にしないように頑張っていきたい」と、厳しいトレーニングも厭わずに邁進していくつもりだ。

このページのトップへ

【次のページ】 強豪校に負けない体格を作りたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
初芝橋本vs日高中津【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
市立和歌山vs近大新宮【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
向陽vs熊野【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
第72回 星林高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第16回 近大新宮高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第93回全国高校野球選手権和歌山県大会開会式【和歌山県 2011年夏の大会 第93回和歌山大会】
神島 【高校別データ】
星林 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム