第30回 八戸高専高等学校(青森)2018年02月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

八戸高専野球部の集合写真

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]強豪校に負けないようなパワーを
[2]自分たちで考えたメニューで弱点の克服
[3]できなかったことができるようになった自分を見るために

強豪校に負けないようなパワーを

■県4強進出で21世紀枠県推薦校に
 青森県八戸市にある八戸工業高等専門学校。1963年に創立された国立の高等専門学校だ。野球部は昨秋、青森県大会で4強進出。放課後も研究活動で練習時間が制約されるなか、密度の濃い練習で力を付けた点が評価され、第90回記念選抜大会の21世紀枠の青森県推薦校に選出された。

■野球部の紹介
 現在2年生8名、1年生15名の計23名が在籍。昨秋は地区予選を勝ち上がり、創部以来初出場となる秋季青森大会出場で見事4強入り。3位決定戦で敗れ、惜しくも東北大会出場は成らなかったが、大きな自信を得た。部員は授業のみならず、研究活動も行う、多忙な日々を過ごしているが、選手間でメニューを組み、高い集中力で練習に取り組んでいる。室内練習場がないため、グラウンドが積雪の場合は雪上サッカーを行うなど、工夫を凝らした練習で基礎体力を磨いているのも特徴だ。

■秋季大会を振り返って
 石村康大主将は最も印象深い試合に秋季青森大会1回戦・大湊戦を挙げた。「初回に一死満塁のピンチがありましたが、本塁併殺で無失点に抑えることができました。最大とも言えるピンチを切り抜けたことで勢いがつきました」。その言葉通り、直後の2回に八戸高専は先制に成功。その後も得点を重ね、8-1で勝利を納めることができた。「ピンチの後にチャンス有り」の格言を実感する重要な試合となった。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 石村主将は麦沢祐人、関琢朗の2名を挙げ、「麦沢は勝負強いバッティングで、チームに流れを何度も引き寄せてくれました。関はほぼ全試合に先発して、安定したゲームメイクをしてくれました」と理由を語ってくれた。信頼の置ける投打の軸の存在が秋の好成績に繋がった。

■この冬の意気込み!
 「『どうしてこの練習が必要なのか』を常に考えて、無駄な時間をできるだけ省いていきたいと考えています。そして、強豪校に負けないようなパワーをつけたいです」と常日頃から意識している効率化の徹底、フィジカル面の充実を目標に掲げ、雌伏の冬に挑む。

このページのトップへ

【次のページ】 自分たちで考えたメニューで弱点の克服

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第26回 五所川原工高等学校(青森)【冬が僕らを強くする2018】
第103回 観音寺総合高等学校(香川)【僕らの熱い夏2017】
第23回 県立大湊高等学校(青森)【冬が僕らを強くする2017】
第5回 波乱なんかではない!2016年夏のジンクス! 「6」がつく年に勝つのは公立校だ!!【夏の大会特集2016】
第357回 148キロ右腕・種市 篤暉(八戸工大一)を筆頭に好投手が集結!たった1つの甲子園の切符を手にするのは?【青森抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
光星学院vs大湊【青森県 2012年夏の大会 第94回選手権青森大会】
東海大山形vs大湊【2011年秋の大会 第64回東北地区高校野球大会】
大湊 【高校別データ】
八戸高専 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム