2022年8月22日に、神奈川県の横浜スタジアムで開幕する第39回全日本少年軟式野球大会。各ブロック大会の代表となったチームが集う、まさに中学軟式最高峰の戦いだが、今年、創部2年半足らずのチームがこの大舞台に駒を進めた。

 そのチームが、聖心ウルスラ学園聡明中学校(宮崎)。夏2度の甲子園出場実績を持つ、聖心ウルスラの中高一貫の付属中学で、2020年4月に軟式野球部が創部。立ち上げには、聖心ウルスラで監督・部長を務めた石田敏英コーチが尽力し、現在の3年生が入学・入部すると同時に、弱冠25歳だった小泉裕之監督が赴任。以来、石田コーチと小泉監督の二人三脚でチームを作り上げてきた。

 大会に向け小泉監督は、「初の全国の舞台ですが堂々と戦いたい」と強い意気込みを見せる。

コールド負けばかりだったチームが急成長


 宮崎県延岡市に校舎、練習グラウンドがある聖心ウルスラ学園聡明中学校。現在は3学年で45名の選手が在籍しており、土日を含め週4日活動。練習グラウンドは細長い形状をしており、できるメニューも限られているが、それでも打撃練習用の鳥かごやティー打撃を行うスペースもあり、「練習環境は恵まれている」と選手たちは揃って口にする。

 選手たちの多くは石田コーチに声を掛けられ、聖心ウルスラ学園聡明中学校を選んだ。小学校時代から実績のある選手が集まったが、チームは立ち上がったばかりで先輩も文化もない。最初は練習を行うだけでも苦労は多く、当然試合でも負けてばかりだったという。

「最初はコールド負けが当たり前で、何度試合をしてもコールド負けばかり。でも選手たちは本当に腐らずにやってきたなと思います。2年の春から少しずつ勝てるようになっていき、秋には県大会で準優勝できました」

 小泉監督が「チームの転機」と語るのが、秋、春と県大会の決勝で日章学園中学校に敗れたことだ。県内屈指の強豪チームに僅差で2度も敗れ、選手たちは大きな悔しさを味わった。夏こそは必ず県大会で優勝し全国大会に出場すると決意を新たに、選手たちは練習に打ち込んできた。

「日章学園さんと最初に試合をしたときは、正直惚れ惚れしてしまって。同じ中学生なのに思わず見入ってしまいました。これが日章学園の野球かと。そんなチームに2度も負けたことで選手たちは悔しがって悔しがって、そこから意識が変わっていきました」

 悔しさを糧に春からさらに成長を遂げた聖心ウルスラ学園聡明中は、この夏には、並み居る強豪校を次々と破って、初の全日本少年軟式野球大会への出場が決定。創部わずか2年半足らずでの快挙を成し遂げるに至った。