第14回 東京城南ボーイズ(東京)選手の伸びしろを考え高校での活躍を優先する2018年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1年生は「遊び」から身体を作っていく
[2]3番手の投手だった綱脇慧、チームの底上げが高校での活躍に繋がる
[3]選手それぞれの伸びしろを考え、愛情を持って育てる

 春、夏合わせて13度の全国大会出場を誇る東京城南ボーイズ。平成10年に発足し、江戸川南シニアにて松坂 大輔選手や、小谷野栄一選手などを育てた大枝茂明監督が長年チームを率いている。
 今回は、そんな東京城南ボーイズについて大枝監督にお話を伺い、選手の育成方針やOBの活躍について迫った。

1年生は「遊び」から身体を作っていく


U-15代表の金井慎之介投手(左)と大枝茂明監督(右)

 東京都大田区の多摩川グランドで練習を行なっている東京城南ボーイズ。東京都を代表するボーイズリーグのチームの一つであるが、グランドに到着してまず目に飛び込んできたのは、満面の笑みでサッカーを楽しむ選手達の姿だった。

 「少年野球は試合が多すぎるのと、起用が多いから身体が疲れてきちゃうんです。だから、うちの場合は入団したら3ヶ月くらいはサブグラウンドでサッカーや鬼ごっこをやって遊んでいます。そうやって肩や肘を休ませています。ラグビー、鬼ごっこは反動の練習になります」

 そう語るのは、東京城南ボーイズを率いる大枝茂明監督だ。中学校に上がると同時に、ボールやスパイク、投げる距離が大きく変わり、身体への負担が増えて怪我に繋がるケースが多いためだ。
 遊びの中で基礎体力をつけていき、なおかつ肩、肘を休めて怪我を防止する。中学野球はあくまで通過点であり、大きく育てて高校へ送ることが監督としての使命であると大枝監督は考えている。


サッカーを楽しんで基礎体力を身に付けている

 「正直言って、上手い子はすぐ一つ上の学年でも使えちゃうんです。そして彼らも対応できる。でもそういった子達は成長が早い分、少年野球でも多く試合に出ていて、体も大きいので体の骨と筋肉のバランスがあってないんです」

 東京城南ボーイズには今年、金井 慎之介投手という将来を嘱望された本格派左腕がいたが、スーパースターであってもその指導方針に例外はない。球数は綿密にチェックして、完投は3年間で一度も無し。最長で6イニングを投げたことがあったが、その時の球数は5回で40球程度しか投げていなかった。
 そうした徹底された指導方針の下で、金井投手は怪我無く中学時代を過ごし、今年の6月にはU-15日本代表にも選出されて世界の舞台を経験できた。

 「親御様と相談しても、中学野球で日本一か高校で甲子園出場のどちらを選びますかと話したら、やっぱり目先の勝利よりも甲子園出場を選びます。
 まずは体鍛えることに親御様も納得していただいていますね」

【次のページ】 3番手の投手だった綱脇慧、チームの底上げが高校での活躍に繋がる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
細田学園vs花咲徳栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs蕨【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
花咲徳栄vs三郷工技【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs春日部共栄【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
第3回 中学通算20本塁打以上のスラッガー2名、スローイングタイム1.9秒台の強肩捕手など関東地区注目8名のスーパー中学生【中学野球逸材コラム】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
金井 慎之介(横浜) 【選手名鑑】
綱脇 慧(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム