第1回 ユニフォームに込めた思いと因縁……豊橋南と三谷水産2016年09月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

■ユニフォームに込めた思いと因縁……豊橋南と三谷水産

豊橋南のユニフォーム

 高校野球のユニフォームには、1つ1つ物語がある。意外に知られていない、そんな全国各地のチームのユニフォームにまつわるストーリーをこれからお届けしていきたい。まず第1回目は、この夏の初戦で対戦した豊橋南三谷水産のユニフォームのお話だ。

 全国でも数少ない水産高校の一つに愛知県の三谷水産がある。高校野球で水産高校といえば、ほとんどの人はかつて1990年91年と連続して夏の甲子園で準優勝を果たした沖縄水産を思い出すであろう。そのユニフォームは胸文字が漢字2文字で「沖水」と書かれたものだった。その「沖水」に酷似した胸文字で「三水」と書かれているのが三谷水産のユニフォームである。高校野球が好きな人や、ちょっと詳しい人であれば、誰しもが「沖縄水産に似せて作ったな…」と思うであろうが、その通りだった。

 この夏の初戦、三谷水産が対戦したのは、豊橋南だったが、豊橋南の藤代 賢監督は前任校が三谷水産だった。しかも、実はその当時に、ユニフォームを沖縄水産デザインのものに変更した、その人でもあるのだ。「あのユニォームを相手ベンチとして見て試合をするというのはまた、特別な思いがありましたよ」と感慨深げだった。

 試合そのものは、豊橋南が大勝した。三谷水産は遠洋航海など、実習授業も多く、部員揃っての練習がなかなかできないという相手校の環境である。そのことも十分に承知しているだけに、試合後は三谷水産をねぎらっていた。

 ところで、その豊橋南のユニフォームも、何となくどこかで目にしたような気がするな…という印象だったのだが、実はこれは県内の強豪校でもある愛工大名電のそれに似せたものである。元々、「Minami」とローマ字で表記すると、「M」から始まるということで、「Meiden」のそれに似たようなロゴとなったが、学校としても元々そのようなものがあったという。藤代監督はそれを意識しながら、より愛工大名電のそれに近いデザインとしたのだが、「ユニフォームには、こだわりはありますからねぇ」と、嬉しそうだった。

 試合は、「沖縄水産vs愛工大名電」のようにはいかなかったかもしれないけれども、それに似たユニフォームに身をまとった両校の選手たちの戦いぶりは見事だった。

(文・手束 仁

注目記事
全国の秋季大会の展望コラム公開中!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第880回 急成長を見せる期待の140キロ一年生コンビ!古波藏 悠悟・石川 愛斗(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第540回 「新生・沖縄水産」は競争と心の成長で甲子園まで駆け上がる!沖縄水産(沖縄)【後編】【野球部訪問】
第880回 沖縄水産が誇る注目の二遊間の課題!上原 大那・川端 琉一朗 【2019年インタビュー】
第876回 投手として打者として活躍目指す上原 一帆(沖縄水産)のレベルアップの冬【後編】 【2019年インタビュー】
第879回 自他ともに認めるスローイング・金良キャノンに注目! 金良 涼介(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第78回 名門復活を陰で支える女子マネージャーたち 強みは「パワフルさ」と「細やかさ」沖縄水産(沖縄)【頑張る!マネージャー】
第875回 笑顔あふれる野球小僧・上原 一帆(沖縄水産)の魅力は考える力【前編】 【2019年インタビュー】
第536回 上原流の柔軟な指導方針がチームに変革をもたらす!沖縄水産(沖縄)【前編】【野球部訪問】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
第794回 東邦の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会!来春に伸びてくる実力校とは?【大会展望・総括コラム】
沖縄水産vs南風原【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦添工vs沖縄水産【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
沖縄水産vs中部商【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
愛工大名電vs白山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
愛工大名電 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
豊橋南 【高校別データ】
三谷水産 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム