第15回 大藤 敏行・侍ジャパンU-18ヘッドコーチ 「高校野球に触れる君たちへ」第3回2017年08月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「野球『が』できる子」から「野球『も』できる子」へ
[2]「食事」含め、情報を得て、考え、アピールすることは全ての源
[3]保護者への敬意を常に忘れずに

 今年9月1日から10日間、カナダ・サンダーベイで行われる「WBSC第28回U-18ワールドカップ2017」で世界一を目指す侍ジャパンU-18代表。昨年、優勝を果たした「第11回BFA U-18アジア選手権」に続き、小枝 守監督(前:拓大紅陵<千葉>監督)の下でヘッドコーチを務めるのが、前・中京大中京(愛知)野球部監督・現在は同校顧問を務める大藤 敏行氏である。

 監督時代は春5回・夏4回甲子園に出場し、2009年夏には堂林 翔太(現:広島東洋カープ)をエースに43年ぶり7度目の全国制覇。NPB通算2167安打の稲葉 篤紀(1990年度卒・2017WBC侍ジャパントップチーム打撃コーチ)、東北楽天ゴールデンイーグルスの女房役・嶋 基宏(2002年度卒)など、プロ野球やアマチュア野球界にも数々の人材を送り込んでいる名将。そんな大藤氏が今回、新入生に向けたメッセージを様々な角度から語って頂いた。

 題して「高校野球に触れる君たちへ」。第3回では、高校野球と勉強の両立法や、食事、保護者との付き合い方「グラウンド外で大事なもの」について話します。

大藤 敏行・侍ジャパンU-18ヘッドコーチ 「高校野球に触れる君たちへ」第1回から読む

「野球『が』できる子」から「野球『も』できる子」へ

大藤 敏行氏

 前回(第2回)、野球の基本技術で大事なことは「勉強」だという話をしました。というのは高校では授業もある。中学時代の「野球『が』できる子」から「野球『も』できる子」になることが大事だからです。

 高校を卒業すれば、皆さんは大学や社会人に進んでいく。その時、僕らは教員として「野球ができる」でなく「他のこともできる」にして社会に送り出さないといけないと考えています。

 もちろん「得意なのは野球。一番好きなものは野球」。解っています。でも、「野球で学ぶ姿勢」を作るためには勉強することが必要。それはいつも私は言っています。

 結局、研究熱心でない選手は何をやっても成功はしない。やんちゃさはあってもいいとは思いますが「怠け者」はダメ。野球は反復練習が多いですが、そこで「どうしたらよくなるんだろう」と疑問を持っていかないと、成長するのは難しい。

「アドバイスを言ってもらっているけど、これは本当のことかな」と、勉強をしていても思えることが大事だと、私は思います。

このページのトップへ

【次のページ】 自分の身体にあった「基本」を学ぼう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い【高校野球コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
都立桜修館vs目黒日大【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第18回 鍛治舎巧監督(県立岐阜商)具体的な数字の達成で成功体験を積み重ねる【名将たちの言葉】
第17回 大須賀総監督(福井工大福井)『野球部員である前に高校生たれ』!【名将たちの言葉】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
春季近畿地区高校野球大会大阪府予選 閉会式【大阪府 2016年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
都立墨田工vs都立千歳丘【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
東京都高校野球選抜vs日本大学1、2年生【2014年 練習試合(交流試合)・秋】
第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選 開会式【鹿児島県 2014年秋の大会 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム