第80回 『全国制覇』へ 影でチームを支えサポートしたい! 星稜マネージャー2019年02月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 選手とコミュニケーションを取っているときが楽しい!
[2] 選手からマネージャーへの転向、影でチームを支える存在に。

 昨年の明治神宮大会で準優勝、1月25日には選抜甲子園出場が決まり、多方面から注目を浴びている星稜高校。49名の部員を支えるマネージャーはたった1人。石川の強豪・星稜高校野球部を日々支えるマネージャーの活動や思いに迫る!

選手とコミュニケーションを取っているときが楽しい!



星稜高校野球部49人を支える浜塚光希くん

 星稜高校野球部49人を支えるマネージャーは2年生の浜塚光希くんただ1人。普段の活動はお客様への飲み物をお出しすることや、清掃、練習の準備をする事だ。

 試合や練習で出す声の大きさは、他の高校のマネージャーには絶対に負けない点だと話してくれた。

 マネージャー活動の中で1番楽しい時間は、練習や試合で選手とコミュニケーションをとる時だ。知らなかったことを知ることができるからコミュニケーションをとるのが楽しいと話してくれた。特に選手から「ありがとう」と言われた時にはやりがいを感じる。

 日々、選手がどんなことをすれば喜ぶかを必死に考えて日々サポートに徹している浜塚くん。泥だらけになってもボールを追う選手の姿に胸を打たれ、キュンとするとこともあるとか。

 選手とのコミュニケーションを大切にしているところや、選手のことを第一に考え周囲をよく見てサポートに日々専念する浜塚くんは、マネージャーの鑑だと言えると感じた。

 マネージャーあるあるは何ですかと聞くと、試合中の選手交代が複雑で分からなくなることだという。高校野球では複数選手の入れ替えがよくあるが、相手チームのことだと余計にわからなくなる気持ちはよく分かる。

 マネージャーのおすすめグッズはシャーペンとボールペンが一つになっているペンだ。「わざわざ何本もペンを取り出すことなく1本ですべてできるところがとても便利です」と話してくれた。複雑な選手交代の時にもペンが一本にまとまっていればスムーズに交代を記入することができるということなのだろう。

 特に思い出に残っている試合はと尋ねると、夏の石川大会決勝の金沢学院戦。竹谷選手と南保選手の7本のホームラン(南保3本、竹谷4本)が出た試合だという。初めて1試合に7本のホームランを見たことがとても印象的だったと語る。

 昨夏の大会の中では、やはり甲子園球場での済美戦が最も記憶に残っていると話してくれた。自分では勝ったと思っていたが、最後に逆転満塁サヨナラホームランを打たれ、「やっぱり野球は何があるか分からないと感じた瞬間だった」と語る。

 引退した選手の先輩方は気楽に相談にのってくれてすごく尊敬できる存在だった。
 とくに小布施マネージャーは皆には辛い姿を全く見せず、選手をサポートしていたりしてすごく頼れる存在だと語ってくれた。そんな浜塚くんは小布施マネージャーを越えることを目指している。

【次のページ】  選手からマネージャーへの転向、影でチームを支える存在に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第85回 しっかり者の男女4人が支える!東海大札幌(北海道)頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第84回 選手とともに伸び盛りの6人のマネージャーたち 検見川(千葉)【頑張る!マネージャー】
第83回 「誰にでもできることこそしっかりと!」府立八尾頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第82回 「鳥取県でお前らより上はいない!」選抜出場支えた二人組 米子東(鳥取)の頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs広陵【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム