第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)2018年12月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]松坂伝説と今年の春・夏連覇
[2]松坂に憧れた斎藤佑樹
[3]球界を牽引する89年世代をはじめ、スター選手たちはこれからも良い手本であり続ける

 前編では王 貞治が投手として活躍した早稲田実業時代の1950年代から、松井 秀喜がゴジラとして甲子園を沸かせた1990年代前半までの高校野球を振り返った。後編では1990年代後半から現在の歴史を振り返っていく。

 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)

松坂伝説と今年の春・夏連覇


横浜時代の松坂大輔

 イチロー、そして松井が高校野球界を去った数年後、ある男たちが高校野球界で旋風を巻き起こした。「松坂世代」と呼ばれる、1980年世代の選手たちだ。

 この世代の中心人物、松坂 大輔は神奈川の名門・横浜で3年間を過ごした。「平成の怪物」と呼ばれる所以は、高校3年時の活躍にあった。

 春の選抜を制し、春・夏の甲子園連覇を目指して挑んだ80回記念大会。横浜は初戦で鹿児島実と対戦。そこには1回戦でノーヒットノーランを成し遂げた杉内俊哉がいたが、打線が奮起し6対0で下す。そして準々決勝でPL学園との一戦を迎える。

 PL学園のエース上重聡(現日本テレビアナウンサー)と投げ合い、点を取られては取り返す死闘の末、延長17回で辛くも勝利した。

 続く準決勝では明徳義塾相手に8回終わって6点ビハインド。ここまでかと思われたが、8回に4点を返すとエース・松坂がリリーフ登板で9回を無失点。これで勢いに乗ると直後の攻撃で3点を奪ってサヨナラ。まさに奇跡とも言える勝ち方で決勝の京都成章戦へ。

 そして運命の決勝戦で先発した松坂は、ノーヒットノーランの快投で相手打線をシャットアウト。これ以上ない最高の形で横浜が春・夏連覇を成し遂げ、松坂は伝説となった。


【次のページ】 松坂に憧れた斎藤佑樹

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】【ドラフト特集コラム】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第33回 指導してきた約20年間で印象に残っている素晴らしい選手 平川 敦(北海)vol.8【名将たちの言葉】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第911回 無力を悟り試行錯誤に明け暮れた一年間 下村海翔(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
加古川北vs大阪桐蔭【2010年秋の大会 第63回近畿地区高校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2010年秋の大会 秋季府大会】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
梶谷 隆幸(開星) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
佐藤 由規(仙台育英) 【選手名鑑】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
田中 広輔(東海大相模) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
堂林 翔太(中京大中京) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム