村上宗隆 恩師が語るシリーズ
■第1回
「ゴロではなく、フライを打て」MVP候補・村上宗隆の九州学院時代の恩師が語った飛躍の原点
■第2回
なぜ村上宗隆は高校時代、捕手へコンバートしたのか?その真意とは
■第3回
ライバルにするのは清宮幸太郎らではない。九州学院の恩師が村上宗隆に授けた金言
■第4回
「あいつは世話好きのおばちゃんです」村上宗隆の恩師が語るキャプテンシーの素質
■第5回
村上宗隆の恩師が褒めた「数字」と「姿勢」。そしてこれから願うこと

 2021年の日本プロ野球はヤクルトの日本一で幕が下りた。15日には「NPB AWARDS 2021」が行われ、数々の表彰が行われたが、1人の若者が大きな勲章を手にした。

 ヤクルト村上 宗隆内野手(九州学院出身)。プロ4年目の今季、39本塁打を放ち、巨人の岡本 和真内野手(智辯学園出身)とともに、セ・リーグの本塁打王に輝いた。そのほか、283塁打はリーグトップ、112打点、長打率.566がリーグ2位。東京五輪でも金メダルを決める本塁打を放つなど、日の丸のスラッガーとしても活躍した。

 その基礎は故郷熊本・九州学院の3年間で培われたといっても過言ではない。その秘密を探るため、当時の恩師、坂井宏安・九州学院前監督にインタビューした。言葉をひも解くと、「村上 宗隆」がスラッガーへと変貌を遂げる過程が分かってくる。

 今回はチームを優先させる村上の秘密に迫る。


 村上は高校時代、決してエリートではなかった。4番でデビューした1年夏こそ、高校初打席初安打初本塁打がバックスクリーン弾というド派手な結果で、その年に甲子園に行ったが、ヒットを打つことなく、2年、3年は熊本県決勝で秀岳館に敗れた。

坂井 ヤクルトに入団してからも最初、最下位が続いた。高校時代は1年から甲子園に出た優勝の喜びも知っているし、そのあとに夏は県決勝で負け、県決勝で負けと、負ける悔しさも知っている。優勝と準優勝の差も知っている。最下位でも2位でも、優勝しないといけないことは分かっている。優勝に飢えていたんですよね。

 坂井前監督は村上の活躍は本塁打だけでない部分も大きかったと感じている。それはリーグトップの106四球を選んだことにつながった。

坂井 シーズン終盤でもチーム打撃というか、四球でも、死球でもいいから、自分のタイトルのためにどうとかじゃなく、チームプレーに徹していた。それは「お前良かったよ」と本人に言ってあげました。日本シリーズでも相手オリックスのバッテリーが村上とか、山田選手とかに気を遣っていた。村上も相手投手にボール球を投げさせていたし、試合には負けたけどホームランを打って、自分の存在を印象づかせて相手にプレッシャーかけていた。四球とかで塁に出ると、後ろを打った選手が村上を返して、という感じだった。何本打ったとかそんな数字は関係なく、数字以上に活躍したと思っています。

 村上はチームが「勝つ」ことにこだわった。自分が「打つ」ことは大事だが、すべてではない。「勝つ」ために打たない選択もした。我慢がいることだが、その姿勢は自分が打った時にあまり表情に出さないことにもつながっている。

坂井 自分のことはあまり感情に出さないね。自分の中でかみしめることができる子だから。打っても派手ではなく小さくガッツポーズとか。打たれた方もいやでしょう。感情むき出しで喜ぶのは相手に失礼です。でも、チームの仲間が打った時はベンチですごく喜ぶでしょう。そういう子です。