村上宗隆 恩師が語るシリーズ
■第1回
「ゴロではなく、フライを打て」MVP候補・村上宗隆の九州学院時代の恩師が語った飛躍の原点
■第2回
なぜ村上宗隆は高校時代、捕手へコンバートしたのか?その真意とは
■第3回
ライバルにするのは清宮幸太郎らではない。九州学院の恩師が村上宗隆に授けた金言
■第4回
「あいつは世話好きのおばちゃんです」村上宗隆の恩師が語るキャプテンシーの素質
■第5回
村上宗隆の恩師が褒めた「数字」と「姿勢」。そしてこれから願うこと

 2021年の日本プロ野球はヤクルトの日本一で幕が下りた。15日には「NPB AWARDS 2021」が行われ、熊本出身の1人の若者が、セ・リーグ本塁打王として晴れの舞台に臨む。

 ヤクルト村上宗隆内野手(九州学院出身)。プロ4年目の今季、39本塁打を放ち、巨人の岡本和真内野手(智辯学園出身)とともに、セ・リーグの本塁打王に輝いた。そのほか、283塁打はリーグトップ、112打点、長打率.566がリーグ2位。東京五輪でも金メダルを決める本塁打を放つなど、日の丸のスラッガーとしても活躍した。

 その基礎は故郷熊本・九州学院の3年間で培われたといっても過言ではない。その秘密を探るため、当時の恩師、坂井 宏安・九州学院前監督にインタビューした。言葉をひも解くと、「村上宗隆」がスラッガーへと変貌を遂げる過程が分かってくる。

 今回は長距離砲の秘密に迫る。


 プロ4年目を最高の結果で締めくくった村上について、坂井前監督もねぎらいの言葉から始まった。

坂井前監督(以下坂井) 長いシーズン、よくぞ乗り切れたと思います。体力をつけたのも練習のたまものでしょう。連絡はあまりとってないですよ。五輪出場が決まったとか、優勝しましたとか、そういう連絡はありますが、こっちからは連絡しないようにしてます。我々と村上ら選手は(生活の)時間帯も違うし、こっちからよく連絡していたら村上は集中できせんから。

 村上を最初に見たのは入学前の練習見学。その姿に「一目ぼれ」していた。

坂井 一番最初の時は大きいなと。体が出来ている子だなと思いました。初めて練習参加した3月25日だったかな、ユニフォームの着こなしがいい、ユニフォーム姿がとてもいいと思った。練習しても声が出ているし、野球を楽しんでやっている子だなと思いましたね。

 過去、九州学院から「松坂世代」の吉本 亮内野手(現ソフトバンク2軍打撃コーチ)、高山 久外野手(現西武1軍打撃コーチ)の2人のスラッガーを輩出しているが、その再来を予感していた。

坂井 久しぶりに吉本、高山のふたりに匹敵する感じがありました。トスバッティングは柔らかいし、バットを持っているけど、投げる相手とキャッチボールしているようなトスだった。普通はバットと球が衝突してしまうが、力も抜いて、力まないトスだった。天性でしょうね。野球をしていた兄を真似してやっていただろうし、出だしが良かったんでしょう。

 そのトス打撃の上手さにほれ込むと、ある指令を出した。