東京ヤクルトスワローズの右のエースと呼ばれ続けてきた館山 昌平。
 2008年から2012年までは5年連続2桁勝利をマーク。さらに、2009年は16勝をマークし、最多勝を獲得。月間MVPは過去に3度受賞。最速150キロを超えるストレートに、多彩な変化球で、ヤクルト投手陣の柱として、これまでフル回転してきた。
 しかし、その結果の裏側には、館山の苦労が刻まれている。

目次

[1]序章
[2]緻密なトレーニング計画の理由


 2013年もまた、苦しいシーズンとなった。
 3月29日の開幕戦で先発(5回3失点)を任され、翌週の4月5日の横浜DeNAベイスターズ戦にも先発するも、4回途中で、右ひじに違和感を覚え降板。全治1年の右ひじ靭帯の断裂だった。
 初めてではない。9年前の2004年3月にもキャンプ中に、右ひじの靭帯断裂の診断を受け、このシーズンも一年間、マウンドに立つことが出来なかった。また翌年11月にも、右ひじの再手術を受けている。

 すでに、靱帯断裂の他、神経脱臼、血行障害、肩の部分断裂、股関節唇の断裂など、大学時代から数えると、今日までに6度、身体にメスを入れている。そのうちの2回は、今年受けたものだ。
 なぜ、彼は、自身の体に118針の術痕を残しても、まだマウンドに上がり続けたいと思うのだろうか。

 高校野球ドットコムでは、2013年9月からの半年間、館山 昌平投手の復活ストーリーを追いかけます。今、館山選手と同様に、夢を追いかけている選手。また、故障に悩んでいる選手も、もっと上の舞台で活躍したいと思っている選手も、そんな全ての球児に特別連載ストーリーをお贈りします。

このページのトップへ