第26回 大阪ガス投手陣の育成メソッド「大会でベストピッチングができるための調整法とトレーニング」(3)2016年06月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大阪ガス投手陣の調整に欠かせない「縄跳び」 / 選手の数だけ調整法の正解は存在する
[2]主力投手陣からのメッセージ

主力投手陣からのメッセージ

左から小畑 彰宏投手、緒方 悠投手、酒居 知史投手(大阪ガス)

 萩原 健吾投手コーチのインタビュー終了後、練習を終えた直後の主力投手3人に「高校球児に向けてのメッセージ」をうかがうことができたので、最後に紹介したい。

緒方 悠(徳島・鳴門第一高出身)
高校時代はピッチャーとしてどういう練習をしていいのかがわからないまま、ただやみくもに長い距離を走ったり、ダッシュを延々と繰り返したりしていました。今、思えば、同じダッシュをするのでも、距離にメリハリをつけたり、インターバルの時間をきちんと設定するだけでも成果は変わったと思う。社会人に入り、正しい知識の下で練習することの大切さを学んだ気がします。

 大事な夏の大会に向け、お薦めしたいのが自分の調整計画表をきちんと立てることです。チームの全体練習があるため、なかなかその通りにはいかないかもしれませんが、「自分にはこのやり方が合うはず!」という軸を作っておくと周りに流されにくくなりますし、結果に対しての悔いも残りにくくなります。「このやり方でダメなら仕方がない」と思えるやり方を自分で考え、計画し、夏に臨んでみてください。

◆酒居 知史(大阪体育大出身)
ぼくは同じ球数を投げるのなら、ブルペンよりも打者の反応が見れるシートバッティングやフリーバッティングの方が好きで、調整法としてもその方が自分に合っていると思っています。正解はひとつじゃないかわりに、自分に合った調整法は必ずある。試行錯誤を繰り返しながら、根気よく見つけていってほしいと思います。

 そして、今年の夏が高校最後の大会となる3年生は試合への出陣前に、一番の味方である両親に言葉をかけてあげてください。高校球児の調整は、生活面でサポートしてくれる親の力なくしてはなかなか成り立ちません。ぼくも試合前に「2年半、ありがとう。どんな結果になるかわからないけど、精一杯やってくる」と伝えました。親はそんな言葉を特に求めているわけではありませんが、感謝の気持ちがあるのなら、ぜひ言葉にして伝えてみてください。

小畑 彰宏(青山学院大出身)
高校時代はやみくもに長い距離を走ったりすることが多かったですね。今思うと、長い距離をそこまで走る必要はなかった気はします。そして常にオーバーワーク気味でした。一日のスケジュールに余裕がないため、食事も慌ただしく、睡眠時間も満足にはとれなかった。常に疲れている状態だと、体も大きくなりにくいですし、故障もしやすくなる。食事と休養も練習のうち、という意識を持てた上で、もっと計画的に調整スケジュールを立てていれば、練習の成果も変わっていたような気がします。

 高校時代の野球部の仲間は一生付き合える仲間です。しかし、共に高校で野球をする時間は限られています。ベストの調整法を高校生の間に見つけることは非常に難しいことですが、「自分の信じたやり方をきちんとやり切った!」と思える過程を経た上で、かけがえのない仲間と悔いのない夏を迎えてほしいと思います。

(取材・文/服部 健太郎)

注目記事
【5月特集】大会から逆算した投手調整方法

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
第25回 大阪ガス投手陣の育成メソッド「大会でベストピッチングができるための調整法とトレーニング」(2)【社会人野球から学ぼう】
第24回 大阪ガス投手陣の育成メソッド「大会でベストピッチングができるための調整法とトレーニング」(1)【社会人野球から学ぼう】
第15回 龍谷大平安(京都)編「超伝統校・平安の直近のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第42回 ソウル五輪・バルセロナ五輪日本代表 西 正文さん 【2010年インタビュー】
緒方 悠(鳴門第一) 【選手名鑑】
小畑 彰宏(鳥取西) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム