市立船橋は新チームから投手を始めた背番号3が力投!篠崎主将が2試合で3本塁打10打点の頼もしい活躍を見せる



満塁本塁打を放った篠崎(市立船橋)

<第75回秋季千葉県高校野球大会:市立船橋11-1行徳>◇23日◇3回戦◇千葉県

 夏甲子園出場の市立船橋と、創部初の県大会ベスト16まで勝ち進んだ行徳の一戦。

 市立船橋は1回裏、連打でチャンスを作ると、大野 大樹内野手(1年)の適時打で2点。さらに犠飛で一気に3点を先制した。3回裏には先発の吉田 有摩内野手(2年)の適時打で1点を追加。

 だが、行徳も6回、6番中村敦也外野手(2年)の適時二塁打で1点を返すが、市立船橋も6回裏、バッテリーミスで1点を追加。7回裏には犠飛で1点を追加し、6対1とする。

 そして8回裏、1点を追加後、4番篠崎 大耀外野手(2年)の満塁本塁打で11対1と点差をつけて、8回コールド勝ちを決めた。

 この日は背番号3の吉田の力投が光った。新チームがスタートし、習志野四中以来となる投手を始めた。強打に自信があるが、肩も強く、常時130キロ前半の速球とスライダーを投げ分けた。10安打を打たれながらも、わずか1失点に抑える力投だった。175センチ、80キロとガッシリな体型。まだ経験が浅いことを考えると、ボールから崩れることもなく、これからが楽しみだ。一冬越えれば、140キロ台は見込めるのではないか。吉田は「自分より実力が上な投手が多いので、休ませようと思って投げました」と見事に完投勝利を挙げた。

 主将の篠崎は満塁本塁打を放った。2回戦の習志野戦の3ラン2本に続いての活躍。篠崎はこの2試合、本塁打だけで10打点を稼いでいることになる。長い千葉の高校野球史でも、なかなかない凄い記録だ。

 篠崎は「打撃を指導してくれるコーチの方と日々、修正点を指摘いただき、それがうまく結果となって表れています」と手応えを口にする。

 準々決勝では、ここまで強豪を下し、粘り強く勝ち上がっている志学館と対戦する。苦戦が予想されるが、今大会光っている集中打で勝利をモノにできるか。

 創部初のベスト16入りを成し遂げた行徳もなかなかの好チームで、カバーリングやポジショニングなどを見ていても、かなり鍛えられているように感じる。

 ただ、指揮を執る吉田監督によると、秋に関しては打てるチームを目指し、打撃指導や、量を重視して取り組んできた。市立船橋の吉田も130キロを超える直球を投げていたので、そういう投手からでも10安打を打てた点は評価できる。この冬は守備の精度を高めることが課題となった。そして市立船橋と対戦し、目指すレベルが見つかった点も冬の練習へ向けてのモチベーションとなったようだ。

 右サイドの阿原 速斗投手(1年)も120キロ前後の速球とスライダーを丁寧に投げ分ける投球が光った。日々の練習やフォームの細かなチェックやコントロールを磨くことにこだわった。

 さらにレベルを高め、千葉の強豪校を脅かすチームになることを期待したい。

(取材=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。