この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

刈谷北が好継投で大同大大同を封じ込んで



刈谷北の先発原口はしっかり試合を作った

 西三河地区予選の段階から、刈谷北の藤井将大監督は「今年の新チームは、ある程度は行けるぞ」と期待も高かったという。ところが、一次リーグを勝ち上がって挑んだ西三河地区決勝トーナメントで科技高豊田に敗れて順位決定トーナメントへ回ることになった。「選手もそうだったでしょうけれども、私も悔しかった。だから、何としても県大会へ出場して、この口惜しさを挽回しよう」ということで、選手たちを鼓舞してきた。そして、そこから一度も負けられない順位決定トーナメントを這い上がって何とか県大会出場を掴んだ。

 試合前から、ベンチは元気がよかった。その勢いで初回、刈谷北は二つの四球と捕逸で一死二、三塁として、投ゴロ野選で先取点を奪う。ゴロGOで進んでいったことが功を奏したということであろうか。

 さらに3回にも、2番山内が左前打で出ると、バントと内野ゴロで三塁まで進め、5番寺島が上手に右前へ運んでタイムリー打となり2点目。派手に打たなくても、ここまで送る、転がす、走るといったプレーが徹底されているなという印象ではあった。このあたりは、藤井監督の丁寧な指導がチームに浸透しているといってもいいであろう。

 追いかける大同大大同は、4回に四球の澤井を置いて一死から5番中村 一輝が左翼線に落とす打球で、これが二塁打となり澤井が一塁から生還した。

 1点差としたところで、大同大大同の西澤卓史監督は、先発の深澤から荻野にスイッチ。荻野は代わった5回は簡単に3人で抑え、守りからリズムを呼び込んでいこうというところだ。

 これに対して刈谷北も、藤井監督はその裏から先発背番号10の原口からスイッチ。背番号1をつけた葭原(よしはら)をマウンドに送る。葭原は130キロ前後を表示する重そうなストレートを武器に、2者連続三振など、いい立ち上がりだった。その後、安打と四球を許したものの0で抑えて、試合は次の得点を巡る攻防となっていった。そのまま、辛抱の仕合になっていくのかなという様相だった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています