News

冷やす方がいいとき、温める方がいいとき【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.07


デッドボールなどの急性外傷はまず冷やすことが大切

野球をしているとどうしてもケガをしてしまうことがあります。そのとき、ケガをした部位を冷やした方がいいのか、温めた方がいいのかと悩むケースもあると思います。「冷やす=アイシング」は炎症を抑える一方で、血流を抑え、筋肉や組織の柔軟性を低下させることにもつながるために二の足を踏む人もいるのではないかと思います。冷やす方がいいとき、温める方がいいときについて、頭の中を整理しておきましょう。

【冷やす方がいいとき】

アクシデントによって急にケガをした場合(急性外傷)、ケガをした直後から炎症症状(腫れ、痛み、発赤、出血、熱感など)が見られるようになります。まずはこの炎症症状を抑えるために氷などで患部を冷やし、これ以上炎症がひろがらないようにすることが優先されます。患部を冷やすめどとしては痛みの感覚が冷たい感覚へと変化し、さらにその冷たさも感じなくなってきたときまでとします。小さな部位であれば10~15分程度、大きな部位でも20~30分程度で一度アイシングを終了させましょう。アイシングをした時間の倍を目安として冷却からの回復にあて、また冷却を繰り返すようにすると効果的です。急性外傷の場合は48~72時間(2~3日)をめどに冷却を優先させましょう。

また投球後や練習後などに肩や肘に今までとは違う痛みや違和感などがある場合なども、冷却してその後の経過を見ることが大切です。肩や肘を冷やす際には固定用にバンテージなどを用いることが多いと思いますが、指先が冷たくなりすぎたり、しびれてしまったりすることのないよう、圧迫のしすぎに気をつけましょう。また冷湿布をアイシング代わりに用いる人がいますが、これは消炎鎮痛を主な目的としているので患部を冷却するという点ではあまり適していません。同様に市販の冷却ジェルは患部を皮膚表面を冷やしすぎて凍傷を起こしてしまう場合があるので、患部を冷却する場合は氷か氷水を使用するようにしましょう。

【温めるとき】

ケガをしてから2~3日経ったのちは、患部への血流を促してより早く組織が回復するように温めることを心がけましょう。特に練習前などは患部を温め、動きやすさを獲得してからウォームアップを行うとよりスムーズに野球の練習に参加することができるでしょう。野球は反復動作の多いスポーツであり、繰り返し行う動きが物理的ストレスとなって筋肉の柔軟性が低下したり、疲労が蓄積されたりして痛みが慢性化することがあります。筋肉の硬さが引き起こす痛みに対しても、患部を温めて柔軟性を獲得できるようにしましょう。また「患部を温めた方が調子がいい」という場合も温めることを基本としましょう。

冷やすか温めるか迷ったら、というケースでは「冷やす」ことを優先させましょう。温めると炎症がよりひろがってしまうリスクが考えられますが、冷やすことは柔軟性の低下や治癒促進の遅延などが見られるものの、より深刻な問題にはなりにくいという点が挙げられます。冷やすケース、温めるケースを理解し、上手に活用していきましょう。

文:西村 典子
球児必見のコラム「セルフコンディショニングのススメ」はこちら!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.06.14

【群馬】甲子園春夏連覇に挑む健大高崎は勢多農林と藤岡北の勝者と対戦、同ブロックに桐生第一【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【北海道】名寄支部では、稚内大谷が名寄と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得