試合レポート

箱山遥人、正林 輝大が木製バットで本塁打!北照・高橋も最速146キロを叩き出し、猛アピール!【高校日本代表候補紅白戦 午後の部】

2024.04.05


正林 輝大(神村学園)

5日、高校日本代表候補合宿は紅白戦2試合が行われた。
午前の試合ではセンバツで活躍した平嶋 桂知投手(大阪桐蔭)、髙尾 響投手(広陵)、吉岡 暖投手(阿南光)の3人の右腕たちが活躍したが、午後は打者たちが活躍を魅せた。

左投手7人が登板したこの試合では2回裏、午前中にも6得点を挙げたI組が金渕 光希投手(八戸工大一)を攻略した。豊島 虎児内野手(創志学園)のレフト線適時打、湯浅 桜翼内野手(仙台育英)の2点適時打、吉川 勇大内野手(青森山田)はエラーを誘う三塁強襲の当たりで4点目。

そして3回裏には箱山 遥人捕手(健大高崎)が本塁打。この本塁打について、「木製バットを使っての初打席は思ったより振れていました。振れた分、体が開いていたので、低反発バットよりも体を引き付ける感覚を大事にして、狙い球を張りながら結果が出なかったんですけど、インコースを捌くことができて良かったです」と喜んだ。

5回裏に打撃力の高い右腕・高橋 駿臥投手(中越)は右中間を破る適時三塁打で7対0。そして7回裏には正林 輝大外野手(神村学園)が特大本塁打。打った瞬間、柵越えを確信できる強烈な当たりだった。
「一瞬で飛んだので、これは本塁打かなと思いました。木製バットは金属バットより軽いので、振り抜きやすいです」と本人も手応えを感じていた。

小倉 全由代表監督は「2本出ていることは良いことです。箱山選手は前日の練習であまり打てていなかったのでどうかなという感じでしたが、うまく立て直していてさすがだなと思いました。正林選手も打撃練習の時から良かったですよね」と2人の打撃を評価していた。

投手陣では高橋 幸佑投手(北照)が自己最速を2キロ更新する146キロをマーク。平均球速は136.13キロだった。高橋は「自分の持ち味が出せて、特に2イニング目はしっかりと投げることができました」と笑顔を見せていた。

最終日の6日は午前中に練習を行い、合宿は打ち上げとなる。

<関連記事はこちら>
◆【一覧】高校日本代表一次候補39人
◆高校日本代表候補合宿がスタート! 報徳学園・今朝丸、大阪桐蔭・平嶋など14投手の顔ぶれを徹底紹介!
◆高校日本代表候補の「逸材野手19人」を徹底紹介!センバツのヒーローたち、全国の名選手が一堂に集う
◆高校日本代表候補の合宿がスタート!「折れる怖さが…」と選手たちは木製バットに苦戦
◆センバツ優勝捕手・箱山遥人(健大高崎)がU-18代表候補合宿参加! 「動きがすごい」チームメイトも絶賛!
◆U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」
◆髙尾響(広陵)が147キロ、2回パーフェクト!平嶋、吉岡らセンバツで活躍した右腕が快投!【高校日本代表紅白戦 午前の部】

次のページ:【一覧】紅白戦 出場選手

箱山 遥人(健大高崎)

箱山 遥人(健大高崎)

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商