News

高校日本代表候補の合宿がスタート!「折れる怖さが…」と選手たちは木製バットに苦戦

2024.04.05


ランニングする選手たち

4月4日、関西で行われている高校日本代表一次候補の合宿がスタート。
昨年は高校日本代表初の世界一を達成。注目度が上がっており、テレビ、新聞、雑誌、ネットなど多数のメディア、NPB球団スカウトなど多くの野球関係者が集まり、井端弘和代表監督も視察。14時から練習が始まった。
初日は基本的なアップを終えると、投内連係、シートノック、フリー打撃という順番で行われた。投手陣はフリー打撃の間に投球練習を行った。

打撃練習では正林 輝大外野手(神村学園)、石塚 裕惺内野手(花咲徳栄)、吉川 勇大内野手(青森山田)とドラフト候補として注目されているスラッガーたちは木製バットにかかわらず、長打性の打球を飛ばすことができていた。

ただ打球が飛びにくい新基準バットを使っている選手たちにとって、木製バットの扱いは難しいようだ。正林は「普段、木製バットを使って打撃練習はやりません。だからいつもより全然ミートできていないですし、金属バットと違って『折れる』というのが怖かったです」と語る。明豊の石田 智能内野手(明豊)は「自分は健大高崎戦後、(日本代表候補)選ばれる話を聞きましたので、戻ってから練習してきましたが、やはり折れる怖さがありました」とこぼす。

その他の選手たちに聞いても同じ答えで、ミートするのは難しいが、弾きが良いので、芯で捉えることができれば、新基準バットよりは飛ぶ手応えを感じている選手もいた。

初日の練習を振り返って小倉全由代表監督(元日大三監督)は「(我々は各校から選手を)預かっている身なので、自分たちの良いところを出してよとお願いしました。1人1人見ていくと、みんな良いもの持っているなと思いながら見ていました。そして一つ返事にしても、『はい!』と良い返事をしますし、頼もしさがあります」と選手たちの動きや内面を評価していた。

小倉監督は練習中から選手たちに積極的に声をかけたり、とにかくグラウンドを動き回って観察している。じっと見守る事が多かった過去の首脳陣と比べると違いがあった。
「意識しているわけではなくて、三高(日大三)とやっていることは一緒なんですよ!」
代表になっても、小倉スタイルで選手たちとの距離を縮めている。

2日目は合宿のメインイベントである紅白戦が行われる。小倉監督は選手たちに求めることについて
「初日は打者を中心に見ていたので、投手も見られます。
紅白戦ではサインを細かく出すよりも、自分たちで一番良いものを出して見せて欲しいと思っています。走れる選手はどんどん走ってほしい」とコメント。

正林は「良い投手と対戦できるので、結果よりも内容を求めていきたいです」と意気込んだ。

石塚 裕惺(花咲徳栄)

正林 輝大(神村学園)

<関連記事>
【一覧】高校日本代表一次候補39人
高校日本代表候補合宿がスタート! 報徳学園・今朝丸、大阪桐蔭・平嶋など14投手の顔ぶれを徹底紹介!
高校日本代表候補の「逸材野手19人」を徹底紹介!センバツのヒーローたち、全国の名選手が一堂に集う

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?