試合レポート

3時間を超える熱戦はJR東日本に軍配! タイブレークの激闘制し予選リーグ突破に近づく大きな1勝!【社会人スポニチ大会2024】

2024.03.11


タイブレークの激戦を制したJR東日本の選手たち

2日目を迎えたJABAスポニチ東京大会。神宮球場で行われた第2試合、ENEOSとJR東日本の強豪対決はロースコアの展開で白熱した試合となった。試合後、JR東日本の濱岡武明監督は、「総力戦の中、ピッチャーがよく踏ん張ってくれた」と総括した。
ENEOSは3回にJR東日本のルーキー・石上 祐介投手(東洋大牛久-東洋大)から1死3塁の好機を作ると、川口 凌内野手(横浜-法政大)がライトへ2ベースを放ち先制。好投していた阿部 雄大投手(酒田南)がJR東日本の髙橋 隆慶内野手(明秀日立-中央大)に一発を許し、試合は振り出しとなったが、直後の攻撃で山田 陸斗内野手(桐光学院-明治大)の犠牲フライを放ち勝ち越すなど、試合序盤から均衡した展開が続いた。

中盤以降は両チームともにリリーフが粘りを見せた。ENEOSは2番手でマウンドに送った関根 智輝投手(都立城東-慶應義塾大)が2回3奪三振パーフェクト。今秋のドラフト候補として注目される中で、140キロ後半の直球を軸に圧巻の投球を披露した。対するJR東日本は、4番手で登板の髙山 陽成投手(作新学院-明治大)が躍動。5回2死満塁の場面でマウンドにあがると、ファールフライでピンチを切り抜け、その後も緩急を巧みに使い分けながら強力ENEOS打線に反撃を許さなかった。

試合が動いたのは8回。2死2塁でJR東日本の杉崎 成騎外野手(東海大相模-東海大)が、レフトへタイムリーを放ち再び同点に。そのまま決着が着くことは無く、今大会初となるタイブレーク制での延長戦へともつれ込んだ。

延長戦でも光ったのは高山の粘りだった。10回表の攻撃が無得点に終わり一打サヨナラの窮地に立たされたが、福武 修内野手(東海大甲府-立命館大)の好守もあり、無失点でつないだ。リリーフながら6回無失点被安打1の好投に濱岡監督も、「高山が粘り強く投げてくれた」と称えていた。

そのウラ、チームは1死1,3塁から高卒3年目の篠田 怜汰外野手(羽黒)が「自分が決めてやろうと思った」と、均衡を破るタイムリーを放つ。さらには、渡辺 和哉捕手(文星芸大附-専修大)にもタイムリーが飛び出し、2点の勝ち越しに成功。11回ウラに失点したが、1点を守り切り2連勝をあげた。3時間を超す熱戦に、「競ったゲームを勝ち切れたことは選手の自信になる。予選リーグ最終戦も全員野球で、挑戦する気持ちを持って臨みたい」と意気込んだ。

この日の結果により、JR東日本が2勝でAブロック単独首位に躍り出た。決勝トーナメント進出に向け、大きな1勝を手にした。

<関連記事>
【一覧】社会人野球部 新人選手
【一覧】JR東日本 新人選手
【一覧】ENEOS 新人選手
【一覧】主な大学野球卒業生 進路
強豪対決はENEOSがHonda熊本に快勝! 2人のルーキー有馬諒&松浦祐星が躍動!【社会人スポニチ大会】
JR東日本が1点差ゲームを制し白星発進! 注目ルーキーも続々デビュー飾る!【社会人スポニチ大会2024】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?