News

「ドラフト1位しか見ていない」 MLBも注目した剛腕・篠崎国忠はなぜ18歳で徳島インディゴソックス入団を選んだのか!?

2024.02.16


篠崎 国忠投手(修徳出身)

修徳出身の篠崎 国忠投手は、191センチ、102キロの堂々たる体格から放たれる最速148キロの直球と、曲がり幅の大きな変化球を得意にしている。東京都のみならず2023年の高校球界を代表する右腕が、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの門を叩いた。
篠崎はなぜ、独立リーグからNPBの舞台を目指そうと思ったのか。

――多くのファンが駆けつけた新入団選手記者会見を終えた感想を聞かせてください
篠崎 国忠投手(以下、篠崎) すごく緊張する部分もありましたが、自分の気持ちを伝えられる貴重な場でしたし、いい機会でした。

――なぜ、高卒で徳島インディゴソックスへの入団を決意したのか、改めて聞かせてください
篠崎 ドラフト指名がなかった時点で「1年でも早くNPBに行きたい」と、独立リーグへの進路を考えました。その中で徳島インディゴソックスは、フィジカル強化でいいという評判を聞いていました。自分自身もフィジカル面の不足を感じていたので、鍛えてNPBに行くために、徳島インディゴソックスへの入団を決めました。

――ここまで、新人合同自主トレーニングも行ってきていますが、今季のテーマを教えてください
篠崎 高校時代はストレートで空振りが取れない課題があったので、ストレートの質は求めていきたい。そこが自分が突き抜けるための要素になると思います。体重も変化はないですが、脂肪が減って筋肉量が増えている実感があります。

――変化球についてはどうでしょうか?
篠崎 これまでは落ちる球を得意にしていましたが、ツーシームやシンカーのような変化球も練習していきたいと思っています。

――高校時代の映像を見ると、インコースを攻める投球も持ち味になっていますね
篠崎 自分はインコースに投げる練習をずっとやってきていました。甘いコースに投げて打たれるよりは、インコースで勝負した方がいいと思って投げてきました。練習のおかげで、インコースへ投げ切れるようになっているので、そこはやってきてよかったです。

――そういったことをよりアピールできるのも、独立リーグに進むメリットですね
篠崎 もちろん1試合1試合、落とせないと思っていますが、その中でも試合数が多いので。自分の勝負できるチャンスは、高校や大学よりも多い印象があります。1試合1試合を大切に戦う中にあっても、挑戦する気持ちを持っていきたいです。

――徳島インディゴソックス2024年のチームスローガンは「未知への挑戦~徳島の地から~」。これはドラフト1位指名を目指す意味も含まれています
篠崎 自分自身はドラフト1位指名しか見ていないです。ただ、相手を圧倒する中でも謙虚にリスペクトして試合を進められればと思っています。

――最後に徳島インディゴソックスでの意気込みをお願いします
篠崎 高校途中までは先発だったんですが、3年夏は起用法が変わって中継ぎが増えました。先発で試合を作ることも楽しかったんですが、打たれてはいけない場面で出ていく緊張感もよかったです。徳島インディゴソックスでは、どのポジションでも期待に応えられるように頑張りたいです。

終始、18歳とは思えない落ち着いた口調と冷静な分析で、自らの気持ちを語った。史上初となる独立リーグからのドラフト1位指名へ。将来性では魅力たっぷりの大型右腕は、徳島インディゴソックスでの挑戦を通じ、さらなる成長を期す。

(聴き手:寺下 友徳)

篠崎 国忠投手(修徳出身)個人目標の色紙

新入団選手発表記者会見で意気込みを述べる徳島インディゴソックス・篠崎 国忠投手(修徳出身)

<関連記事>
・徳島インディゴソックス 2024年新入団選手記者会見
徳島インディゴソックスの新入団選手21人 
・「ドラフト6人同時指名」徳島ISが3投手獲得! 修徳・篠崎らが最強育成球団へ!
・【緊急企画】“ドラフトの鬼”徳島インディゴソックス「超育成球団の謎」に迫る!
・修徳の192センチ剛腕・篠崎が徳島IS入団にファン歓喜!
・修徳・篠崎 国忠が徳島インディゴソックス入団へ!メジャーも注目した剛腕は「最強育成球団」でどこまで成長するのか⁉

 

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】