News

「ドラフト6人同時指名」徳島ISが3投手獲得! 修徳・篠崎らが最強育成球団へ!

2023.11.27


修徳・篠﨑国忠

先月のドラフト会議で「11年連続&史上最多6人同時指名」という偉業を成し遂げた四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス。27日に3度目となる*特別合格者を発表した。
徳島インディゴソックスは高度な育成技術を持つ球団として定評がある。特に投手の育成については、圧倒的な実績を持つ。なかでもトレーニングの環境については一級品だ。
今年の徳島インディゴソックスには150キロを超える投手が10人以上いたが、彼らは入団後、球団の育成メソッドにより球速を大幅にアップさせている。たとえば椎葉 剛(島原中央-ミキハウス)は、1年でじつに11キロも球速がアップ。159キロも記録するまでに成長し、阪神からドラフト2位指名を勝ち取った。

今回の合格者は投手3人だ。
1人目の篠崎 国忠投手(修徳)は最速148キロを誇る超高校級投手。192センチ102キロと類稀な体格から投げ下ろす直球は日本だけで収まらずメジャーでも注目されている。
2人目の善家 朗投手(宇和島東)は最速143キロを投げ、投手としても野手としてもプロから注目されていた逸材だ。
3人目は宮路 悠良投手(東海大高輪 −東海大-ミキハウス)は、東海大高輪時代から注目されている投手。最速155キロを投げ、今年徳島ISから阪神にドラフト2位で指名された椎葉2世になれる選手だ。
この中から来年のドラフトにおいて目玉となる投手が必ず現れるだろう。
(*特別合格者とはトライアウトには別に、個人に合格通知が伝えられた選手のことをいう)

【投手】
善家 朗宇和島東
篠崎 国忠修徳
宮路 悠良(東海大高輪-東海大-ミキハウス)

第1次追加合格者はこちら
第2次追加合格者はこちら

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

1 Comment

  1. ファン

    2023-11-27 at 6:42 PM

    どんな成長するのか楽しみ。

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?