News

四国IL・驚異の三冠王、猛練習を支えるDeNA・井上絢登の言葉「NPBで待ってるからな」

2024.06.26


寺岡 丈翔外野手(東福岡-福岡大=2年目)

「NPBで待ってるからな」

四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスで主将を務める寺岡 丈翔外野手(東福岡-福岡大=2年目)が昨秋のドラフト直後に交わしたやり取りだ。相手はDeNAから6位指名を受けた井上 絢登内野手(久留米商-福岡大-徳島IS)。小・中・大と同じチームでプレーし、一学年上ながら”ケンティー”と呼ぶ間柄のエールは今もなお、励みになっているという。

「やっぱり憧れますし、刺激になります。でもいつか超えていかなければいけないので、今はそのために頑張っています」

50メートル5.9秒の脚力と地肩の強さが売りの23歳。遠くまで打球を飛ばす力も兼ね備える身体能力の高さが魅力だ。1年目はリーグ戦68試合全てに出場したが、打率.232、4本塁打、27打点と持ち味の打撃でアピール不足に終わり、ドラフト当日は会場の後列からチームメイトの指名を見守った。

運命の日を迎えてから1週間足らず、寺岡は既に次のシーズンに向けた練習に取り組んでいた。

「昨年までは大振りなスイングでしたが、岡本 哲司監督にも指導いただき、振りを小さくしました。コンパクトなスイングに変えたことで、より体の近くで球を捉えることができるようになり、確率も上がるようになりました」

オフから取り組んだ打撃改革が功を奏し、オープン戦から好調を維持した。シーズン開幕後も打ち続け、最終的には.378でリーグ3位の高打率を記録している。さらには、6本塁打、43打点、14盗塁で3冠を獲得し、圧倒的な成績でチームを勝利に導いてきた。

好成績の要因は徳島の環境が起因している。岡本監督は寺岡の活躍をこう分析する。

「寺岡は数字の面ですごく貢献していますが、2年目の柏木(寿志内野手・九州文化学園-兵庫ブレイバーズ)、角井(亮太内野手・生駒-龍谷大)の存在も大きいです。成績が落ちるとものすごく練習していますし、自分の目標に向かって取り組む姿勢は寺岡の支えになっていると思います」

決して個人の力だけではない。一人ひとりの選手たちが取り組む姿勢を指揮官は高く評価している。寺岡も、「徳島に入ってから一番変化したのは練習量」と話し、「全体練習の前後で各選手がそれぞれの課題に取り組んでいます。みんなやっていて、意識が高いなと。みんなやっているけど、自分が一番でありたいですね」と主将としての覚悟を口にしていた。

後期もアピールが続けば、夢だったNPBも現実味を帯びてくる。

「順位とか関係なく、しがみつきたいですね」

憧れの井上と再び同じ舞台に立つ日も、そう遠くは無いかもしれない。

〈関連記事はこちら〉
◇阪神ドラ2椎葉・DeNAドラ6井上らに独占インタビュー!
◇四国IL・徳島が阪神2軍に劇的サヨナラ勝ち!
◇MAX157キロに平均150キロ超え3人!徳島IS投手陣の剛球連発に球場どよめく!

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.07.05

6日兵庫大会が開幕!春夏8度甲子園出場の神港学園が登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

愛知大会は6日に1、2回戦!昨秋4強、21世紀枠推薦校の小牧南がリベンジの夏へ【2024夏の甲子園】

2024.07.04

「学校と地域に支えられて戦う」県内有数の進学校・磐田南(静岡)、“潔く”戦って最高の夏に【野球部訪問】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.30

突然の病で右半身が麻痺した「天才野球少年」が迎える最後の夏 あきらめなかった甲子園出場の夢、「代打の一打席でもいいから……」

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.06.29

北海は道内29連勝なるか、東海大札幌VS札幌日大の強豪対決も、30日に札幌支部で代表決定戦【2024夏の甲子園】

2024.06.29

激戦区・愛知が開幕!ノーシードから4連覇狙う愛工大名電が17得点の圧勝発進、大府、愛知産大三河も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!