News

東の横綱級・作新学院、プロ注目右腕・小川と強力打線がウリ!【センバツ出場校紹介②】

2024.01.27


小川哲平・小川 亜怜

2024年の春の訪れを告げる第96回選抜高校野球大会(センバツ)の出場校が決まった。3月18日から阪神甲子園球場で繰り広げられる戦いの「主役たち」を紹介していく。

【作新学院(栃木)=2年連続12度目】
作新学院は、昨年秋季県大会で連覇を果たすと、関東大会では7年ぶりに優勝を果たした。打線が好調で、関東大会でのチーム打率は.430。集中打を見せる試合が多く、ビッグイニングを作り出せる打線のつながりがある。明治神宮大会では打線がやや湿りがちだったが、決勝まで勝ち上がり準優勝した。関東チャンピオンとして、センバツでは優勝を目指す。

作新学院の昨年秋の明治神宮大会決勝のスタメンは以下の通り。

(左)小森 一誠(2年)
(一)粒良 大輝(2年)
(中)小川 亜怜(1年)
(二)柳沼 翔(1年)
(捕)岩出 純(2年)
(右)菅谷 峻汰(1年)
(三)廣田 瑠稀哉(2年)
(遊)菊地 陽太(2年)
(投)小川 哲平(2年)

チームの柱は、プロ注目右腕の小川 哲平投手(2年)。「江川2世」の異名をとり、1年秋から最速147キロを誇る。最近では多彩な変化球も操れるようになり、石毛 虹晴投手(2年)、小池 柊聖投手(2年)とともにチームの投手陣を支える。

打撃では、3番に起用されている小川 亜怜外野手(1年)に注目。関東大会は打率.643をマークし、常総学院との準決勝では本塁打を放った。同じく1年生の菅谷 峻汰外野手(1年)も神宮で本塁打を放つなど、1年生の活躍も目立った。

甲子園では春夏ともに優勝経験がある「超名門」。2016年には、西武で活躍する今井 達也投手を擁して夏の甲子園で優勝した。今年は好投手小川を擁して、全国の頂点を目指す。

<作新学院の甲子園実績>
センバツ出場12度目=14勝10敗(優勝)
夏選手権出場16度=27勝14敗(優勝)
(※カッコ内は過去最高成績、20年センバツは大会中止)

<作新学院の昨年秋の成績>
★栃木大会
2回戦 3-1 宇都宮工
3回戦 10-0 茂木
準々決勝 7-0 青藍泰斗
準決勝 11-7 國學院栃木
決勝 6-4 白鷗大足利
★関東大会
準々決勝 7-2 帝京三(山梨)
準決勝 7-2 常総学院(茨城)
決勝 13-4 山梨学院(山梨)
★明治神宮大会
準々決勝 2-1 北海(北海道)
準決勝 8-6 関東一(東京)
決勝 1-3 星稜(石川)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?