News

ソフトバンクの過去10年のドラ1に「1億円プレーヤー」はゼロ! 今年のドラ1・前田悠伍は壁を破れるのか?

2023.12.27


2023年のドラフトで前田悠伍投手(大阪桐蔭出身)を1位指名したソフトバンク。世代No.1左腕は常勝軍団の競争を通じて、どんな投手に成長するのか。
成功した選手のひとつの指標になるのが年俸である。今オフの契約更改では、11人のソフトバンクを筆頭に、計83人の「1億円プレーヤー」がいる(12月26日現在)。

前田同様にドラフト1位でソフトバンクに入団した過去10年の選手たちを振り返ってみると、ソフトバンクのドラフト戦略がなかなかうまくいっていない現状が見えてくる。

過去10人の中で、既に2人は現役を退いた。今回のオフで引退する決意を固めた高橋純平投手(県立岐阜商出身)は2015年のドラフトで入団。1軍では56試合に登板したが、4勝3敗19ホールドという結果でユニフォームを脱いだ。

高橋の2年後のドラフト、2017年で入団した吉住 晴斗投手(鶴岡東出身)も、もう引退している。フレッシュオールスターで登板するなど、アピールし続けたものの、1軍登板は叶わずに、戦力外となってしまった。

新天地で奮闘している選手もいる。2013年のドラフト1位だった加治屋 蓮投手(宮崎福島高出身)は、2021年から阪神へ。今季は51試合に登板するなど、チームの日本一に貢献した。

2016年の田中正義投手(創価出身)は日本ハムで一気に花開いた。ソフトバンクでは1軍通算34試合の登板だったのが、今季は一気に47試合に登板し、悲願の1軍初勝利も手にした。2024年も活躍できるか。

前述した4人を除き、残り6人はソフトバンクに残っている。そのなかでも2014年のドラ1・松本 裕樹投手(盛岡大附出身)、2018年のドラ1・甲斐野 央投手(東洋大姫路出身)は戦力として活躍中だ。

ともにリリーフ陣の一角を担うが、松本はキャリアハイとなる1軍53試合登板で25ホールドと結果を残した。甲斐野はルーキーイヤーでいきなり65試合登板とブレークして以降、苦しむ時期があったが、2023年は46試合登板と復帰の兆しを見せた。

一方で2019年のドラ1・佐藤 直樹外野手(報徳学園出身)は育成契約になるなど、苦しんでいる選手もいる。
大台とされる1億円プレーヤーも、まだこの10人の中にはいない。苦しんでいる印象を受けるが、このなかからドラ1の評価に応えるような選手が出てくることを楽しみにしたい。

<過去10年のドラフト1位の選手たち>
2013年:加治屋 蓮投手(宮崎福島高出身) 年俸6000万
2014年:松本 裕樹投手(盛岡大附出身) 年俸7000万
2015年:高橋 純平投手(県立岐阜商出身)※
2016年:田中 正義投手(創価出身) 年俸3600万
2017年:吉住 晴斗投手(鶴岡東出身)※
2018年:甲斐野 央投手(東洋大姫路出身) 年俸4000万
2019年:佐藤 直樹外野手(報徳学園出身) 年俸1300万
2020年:井上 朋也内野手(花咲徳栄出身) 年俸900万
2021年:風間 球打投手(明桜出身) 年俸1000万
2022年:イヒネ イツア内野手(出身) 年俸800万
※は現役引退選手

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード