News

【センバツ21世紀枠への道】日本高野連が各都府県の推薦校を発表!残りは2県

2023.11.14


 来年春の第96回選抜高校野球大会(センバツ)は318日に開幕する。選考の重要資料となる秋季高校野球の地区大会はすべて終了。出場32校は来年126日に発表される。

 そのなかの21世紀枠の選出は今大会は2校。128日に発表される各地区推薦の9校の中から選出されることになる。

 日本高野連は14日、地区推薦の候補として各都府県が発表した推薦校を発表した。長野は赤穂、福井は若狭、福岡は春日、富山は富山北部の推薦が追加され、すでに東北、関東、東海、近畿、中国地区はすべて発表を終了。残りは香川、大分となっている。

 14日(午後5時)現在で、日本高野連が発表した各都府県推薦校は以下の通り。(カッコ内は秋季大会成績、★は私立高校)

【北海道】
128日に発表
【東北】
青森=弘前南(県4強)
岩手=水沢工(県4強)
秋田=大館桂桜(県8強)
山形=山形南(県8強)
宮城=仙台一(県3位)
福島=光南(県準優勝)
【関東】
茨城=水戸一(県4強)
栃木=佐野(県8強)
群馬=明和県央(県準優勝)★
埼玉=坂戸(県8強)
千葉=千葉商大付(県4強)★
東京=日大二(都4強)★
神奈川=鎌倉学園(県4強)★
山梨=吉田(県8強)
【北信越】
長野=赤穂(県8強)
新潟=六日町(県8強)
富山=富山北部(県準優勝)
石川=金沢桜丘(県ベスト16
福井=若狭(県8強)
【東海】
岐阜=帝京大可児(県ベスト16)★
静岡=浜松城北工(県ベスト16
愛知=小牧南(県4強)
三重=桑名工(県8強)
【近畿】
滋賀=草津東(県8強)
奈良=奈良北(県4強)
和歌山=田辺(県準優勝)
京都=京都精華(府8強)★
大阪=興国(府3位)★
兵庫=尼崎工(県8強)
【中国】
岡山=岡山城東(県準優勝)
広島=庄原実(県8強)
鳥取=鳥取東(県8強)
島根=津和野(県4強)
山口=下関西(県8強)
【四国】
香川(未発表)
愛媛=大洲(県8強)
徳島=徳島科学技術(県8強)
高知=宿毛工(県ベスト16
【九州】
福岡=春日(県4強)
佐賀=神埼(県4強)
長崎=対馬・上対馬・壱岐商連合(県8強)
熊本=必由館(県4強)
大分(未発表)
宮崎=日南(県ベスト16
鹿児島=鶴丸(県4強)
沖縄=宜野座(県4強)

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

1 Comment

  1. 県民

    2023-11-14 at 9:58 PM

    大阪と京都は「県」じゃなくて「府」じゃない?

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】