News

21世紀枠最終候補に選出・鶴丸「おごることなく、あくまでも夏を目指す」

2023.12.09


鶴丸

来春の第96回選抜高校野球大会(センバツ)の21世紀枠候補の地区推薦9校が8日、発表され、九州地区からは鹿児島の鶴丸が選ばれた。

鶴丸は第153回九州地区高校野球大会鹿児島県予選の2回戦で鹿児島商、3回戦で鹿児島実と強豪校に競り勝ち、19年半ぶりとなるベスト4に進出。準決勝ではれいめいに1点差で敗れたが、9回に同点に追いつくなど粘りを見せた。

1894年創立の県立校で、県下公立校の中ではトップの進学実績があり、スポーツ系、文科系と部活動も盛んで「文武一道」をモットーに掲げる。野球部の創部は1899年で、旧制・鹿児島一中時代の1925年に、鹿児島県から初の甲子園出場校としてセンバツに出場している。

「野球の名付け親」とされる中馬庚氏が、かつて指導したともいわれ、南海などで活躍し、ダイエー(ともに現・ソフトバンク)、阪神でスカウトを務めた池之上格はOB。高校球児OBが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を創設した長ケ原誠氏や、今年から始まった「薩摩おいどんカップ」の実行委員長である小薗健一氏ら、中学・高校の指導者も県内に多数いて、野球界の普及、発展に貢献する人材を輩出している。

近年、強豪私学などに阻まれて、甲子園出場に恵まれない中で、秋の鹿児島大会で4強入りした。サッカー、ラグビー、陸上部と共用の狭いグラウンドで、平日平均約1時間余りの練習環境の中で、工夫を凝らし、学業との両立を目指す姿勢などが評価された。

8日は同校で鹿児島県高野連と主催の毎日新聞社から伝達式があり、表彰状と盾が寺内 幸大主将(2年)に手渡された。「選んでいただいたことに感謝している。九州の推薦校に選ばれた責任を胸に、野球だけでなく日常生活も自覚をもって取り組みたい」と感想を話した。福田健吾監督は「決して野球強豪校ではないが、ここ一番での集中力、集中打を発揮して秋は4強入りした。おごることなく、あくまでも夏を目指す過程の中で、やるべきことをコツコツと積み重ねていきたい」と話した。

今回選ばれた9校の中から、来年1月26日の選考会で2校が21世紀枠としてセンバツに出場する。

【関連記事】
21世紀枠地区推薦校9校はこちら

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?