News

大学生期待度ランキング10位-1位 すでに1位指名が決定の投手たちも!ほとんどがドラ 1〜上位を狙える選手ばかり

2023.10.25


今年のドラフトは大学生が豊作で、特に投手の顔ぶれが優秀だ。
プロ志望の172名から、大学生期待度ベスト30を選出。
今回はベスト10を紹介。すでにドラフト1位が決定している投手がおり、競合必至。また今回挙げる選手たちはドラフト状況次第では1位もありえる選手ばかりである。
【選手名をクリックすると、選手名鑑に飛べます!】

10位 西舘 昂汰筑陽学園-専修大)

先発としては終盤に150キロ前後の速球を投げ続ける馬力は脅威。プロの世界でもパワーとして活躍できる。

9位 廣瀬 隆太内野手(慶應義塾高-慶應大)

今年の大学生NO.1スラッガー。圧倒的なパワーと読みの鋭さで本塁打を量産。通算打率.260だが、NPBの一軍打者に共通するスイングスピード、打球の速さを持っているので、十分に活躍できる。

8位 下村 海翔投手(九州国際大付ー青山学院大)
140キロ後半の速球、カットボールで勝負する。将来は村上 頌樹投手のようなタイプに育つ可能性も。

7位 古謝 樹投手(湘南学院-桐蔭横浜大)
真っ向から振り下ろすオーバーハンドから140キロ後半の速球で押す本格派左腕。強く腕を振って、コントロールが安定しているので、秋にかけて評価急上昇中。

6位 上田 希由翔内野手(愛産大三河-明治大)
今年の大学生NO.1野手。勝負強く、対応力も高く、三塁、一塁、外野も守れる。基礎体力も高く、プロ1年目から活躍できる可能性が高い。

ベスト5は1位指名も公表された投手や、ハズレ1位指名のある投手も!

5位 岩井 俊介投手(京都翔英-名城大)

大学日本代表で東都、東京六大学の投手たちに負けないパフォーマンスを発揮した。最速156キロの速球、スライダー、フォーク、スラーブで勝負する。

4位 西舘 勇陽投手(花巻東-中央大)
150キロ前後の速球、スライダーを内外角へ投げ分ける投球術を身につけ、この秋に覚醒。
メンタルも安定しており、即戦力として大いに期待したい逸材。

3位 細野 晴希投手(東亜学園ー東洋大)
最速158キロの速球で勝負する速球派左腕。やはりマックス時の投球はとてつもない爆発力がある。まだ置きにいく時があるので、強く腕が振れて、変化球の精度が安定すれば、先発でもやれる。

2位 武内 夏暉投手(八幡南ー國學院大)
西武が1位指名が公言。競合必至の逸材だ。長身で、150キロ台を常に出せて、更に制球力も高くて、完投もできる。大型左腕でこれほど安定感が高い大型左腕はここ数年でもいない。1年目からローテーション入り。2年目以降から毎年二桁勝利を狙える左腕になれそう。

1位 常廣 羽也斗投手(大分舞鶴ー青山学院大)
シーズン前からドラフト1位候補として見られていた逸材は大学日本一に大きく貢献。150キロ超えの速球、140キロ前後の高速変化球と球種1つ1つが別格。すでに広島が1位指名を公言しており、現状として競合は必至。いずれは数年後、二桁勝利が狙える投手であることは間違いない。

「期待度ランキング」20位から11位を読む
「期待度ランキング」30位から21位を読む
プロ注目選手名鑑はコチラから

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード