News

ドラフト指名漏れ・黒木陽琉投手(神村学園)が亜細亜大進学決定! 山崎康晃、平内に続 く「指名漏れ→亜大→ドラ1」を狙う!

2024.01.23


国体で力投を見せる黒木(神村学園)

昨夏、神村学園を甲子園ベスト4に導いた黒木 陽琉投手の進学先が亜細亜大に決まった。
プロ注目左腕と呼ばれながらもドラフトでは指名漏れ。黒木ほどの投手が指名されなかったたことは驚きだった。プロが望む大型左腕のスペックを満たしていた逸材だったからだ。
183センチ82キロと体格が良い。手足も長く、投手体型だ。ストレートは常時130キロ後半〜140キロ中盤(最速147キロ)で角度がある。高校生左腕としては一級品だ。
120キロ前半から後半を計測する曲がりが大きいスライダーをはじめ、120キロ中盤のチェンジアップ、120キロ前半のカーブと、いずれの変化球も打者の手元で鋭く変化するので、高確率で三振を奪うことができる。甲子園では4試合で、22回1/3を投げて、23奪三振と投球回以上の三振を記録した
甲子園では10四球。やや多めに感じるが、致し方ない面もある。黒木はすべてがリリーフ登板。苦しい状況では、ボール先行になることもあり、四球も増えやすい。それでも試合を壊さなかったので、一定以上のコントロールもあり、ネックになる部分とはいえないだろう。
そもそも黒木は育成指名ではNPBに行かない方針だった。本指名になると、本人の実力だけではなく、球団の意向や、指名順など様々な要素が絡んでくる。昨年のドラフトで黒木と同じ左腕は豊富だった。武内 夏暉投手(八幡南-國學院大)、細野 晴希投手(東亜学園-東洋大)、古謝 樹投手(湘南学院-桐蔭横浜大)らの大学生、高校生では前田 悠伍投手(大阪桐蔭)が1位指名を受けている。黒木は良い投手であるが、他の左腕を押し退けて、指名したいと思わせるほど絶対的な存在ではなかったということだ。

黒木の亜細亜大4年間での目標は、世代を代表する左腕になること。ドラフト対象となるのは2027年。上位指名を受けることができるか。
黒木と同様、ドラフト指名漏れを経験し、亜細亜大に進んだ後、ドラフト1位を獲得した現役投手が2人いる。DeNAの山﨑 康晃投手(帝京)、巨人の平内 龍太投手(神戸国際大付)だ。
黒木は2人と比べても、経験値は豊富。故障することなく、実績を重ねていけば、彼らに続くドラフト1位が見えてくるだろう。

【関連記事】
亜細亜大の新入生が豪華すぎる!甲子園4強・神村学園のエース黒木、東海大相模と健大高崎の主将、土浦日大の遊撃手ら超強力布陣!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?