Column

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識

2022.01.15

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコム
早稲田大・徳山壮磨(大阪桐蔭)

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは?
中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識
DeNAドラ2・徳山壮磨の後輩に最速138キロの快速中学生!大先輩との共通点とは?

 プロ野球界は新人合同自主トレがスタートし、各チームで新人選手たちがプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。

 セ・リーグ最下位からの巻き返しを図るDeNAで、即戦力として大きな期待をされるのが、2位指名を受けた早稲田大の徳山 壮磨投手(大阪桐蔭出身)だ。大阪桐蔭時代は、エースとしてセンバツ甲子園優勝の原動力となり、早稲田大学時代もリーグ戦通算39試合に登板し、計9勝を挙げる活躍を見せた。

 名門を渡り歩いた右腕に、ルーキーイヤーからの活躍に期待が膨らむが、投手としての基礎が作られたのは、中学野球での3年間といっても過言ではない。兵庫夢前ヤング時代の恩師・浄徳一智監督は、現在の活躍ぶり思わず目尻を下げ、中学時代の成長を振り返る。

「入団した時は、特に目立つ選手という訳ではありませんでした。小学校の時はソフトボールをやっていて、体は大きくなるかなあという感じで見ていましたが、あまり記憶にないのが実のところです。ですが、学年が上がるごとにどんどん成長していき、終わってみればとても良い投手になっていましたね。中学3年間の中で、大きく成長した投手です」

 浄徳監督が、成長の一番の要因に挙げるのが、野球ノートへの取り組み方だ。
 チームでは日々の成長をノートに記すように指導しているが、徳山の取り組む姿勢は、他の選手と一線を画すものだったという。

「野球ノートへの取り組みは、内容が他の選手と違っていました。文字数の多さだけでなく、どうすれば上手くなれるか真剣に考えていて、意識の高さを感じました。もちろん体の成長もありますが、そこが大きく成長した一番の理由だと思っています」

 高校、大学での活躍の土台となった「考える」習慣。兵庫夢前ヤングでの3年間なくして、今の徳山はなかったかもしれない。捲土重来(けんどちょうらい)を図るDeNAの救世主となるか、ルーキーイヤーの活躍に注目だ。

(記事=栗崎 祐太郎

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコム
兵庫夢前ヤング・浄徳一智監督

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」